ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

head0062

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたはメラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?

日本において、メラトニンが卵子にどう影響を及ぼすか というマウスを使った研究で、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、という結果が出ております。

 

メラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っている

実験を簡単にお伝えすると

  1. メラトニンを添加した水を摂取させたマウス
  2. 水だけを与えたマウス

 

上記A、Bを同齢のマウスで比較すると、Aのメラトニンを含んだ水を飲んだマウスの方が

  • 卵子の数が多い
  • 体外受精の治療成績も良好
  • 抗酸化作用・長寿遺伝子発現量も増加

していました。

メラトニンそのものが抗酸化物質として働いて卵子の老化を遅らせているだけでなく、細胞の寿命にも影響を与え、結果として卵子の数や質の低下を遅らせているのです。

それは是非とも沢山分泌してもらいたいですよね。

 

では、メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?と言うと

 

主に脳の松果体という部分から分泌されるホルモンです。メラトニンは体内時計に働きかけ、睡眠と覚醒に大きくかかわっているホルモンですが、主に光によって以下のように調節されています。

  • 明るくなると分泌量が減少
  • 暗くなると分泌量が増加

 

つまり明るい電気の光の中、夜更かしをしているとメラトニンの分泌量が減少してしまうのです。

 

更に注意しなければいけない物は、スマホやタブレット、パソコンの液晶画面から出る脳を刺激してしまう「ブルーライト」。

夜にブルーライトを浴びることにより、脳が昼間と勘違いしてメラトニンの分泌量を減らしてしまうのです。

明るい部屋で毎日のように夜更かし

寝る直前までパソコンやタブレットの画面と向き合っている

ベッドにまでスマホを持ち込んで寝付くまでいじっている

そんな習慣のある方は要注意です。その毎日の光の環境があなたの卵子の減少や老化に影響を及ぼしている可能性が大きいのです。

 

あなたが不妊に悩んでいて、卵子の数の減少や質の低下を少しでも遅らせたいのであれば、夜、寝る前にはパソコン・タブレット・スマートフォンの画面から離れることをお勧めします。

そして寝る1時間前には部屋を暗めにしたり、暖色系の照明や間接照明に切り替えてください。そして日付が変わる前には眠りにつくようにしてください。

そうすれば、夜にメラトニンがしっかり分泌され卵子のアンチエイジングが出来ます。

 

ただ、メラトニンは加齢とともに分泌量が低下していくものです。

生活改善でメラトニンを分泌させて、今より卵子のアンチエイジングは出来ても、やはり老化は進んでいきます。

卵子の減少や老化が進む前に、早く元気な赤ちゃんを授かりたい。その為に漢方薬で妊娠・出産に備えた身体を作るんだという方は、漢方専門 なつめ薬局へご連絡ください。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があるようならお早めにどうぞ。

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

女性の 薄毛 ・ 抜け毛 はカラダ全体のバランスを整えることで解決しましょう。 漢方 で出来る事。

更年期にさしかかる40代から薄毛が気になり始める女性が多いものの、20代、30代の若いうちから髪の薄さに悩んでいる方も少なくありません。体質だから、もう年だから、とあきらめてしまっている方はいないでしょうか?薄毛の原因となっているカラダ全体のバランスの崩れを根本的に改善できれば、頭皮の状態が良くなり髪の毛の状態も良くなってきます。漢方は、この崩れてしまったバランスを正しく整える手助けをします。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

コメントは締め切りました