ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

head0056

漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

さて、皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?

今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

 

あなたは、普段自分が習慣的に飲んでいるペットボトルや缶の飲み物に、角砂糖何個分の砂糖が入っているか御存じですか?

缶コーヒー

紙パックの紅茶

炭酸飲料

スポーツドリンク

野菜や果物のジュース

など、その商品によっても違いますが、多いものでは清涼飲料水500mLに角砂糖16個も含まれている物さえあるのです。

 

想像するとびっくりする量ですよね。

ジュースやスポーツドリンクなんて口当たりが良くて、あっという間に飲んでしまいますが…

実は短時間に、食べろと言われても食べられないような大量の砂糖があっさりと体内に取り込まれてしまっているのです。

 

その大量の砂糖が、体外受精での採卵数・成熟卵数を減らしてしまうという実験結果が出ております。更にその後、無事に出産までに至る確率も、ジュースなどの砂糖のたっぷり入った飲み物を1日1杯飲む人は全く飲まない人と比べると10%低下してしまうのです!

体外受精のみならず、自然妊娠でも妊娠率に大きな影響があります。

ジュースなどの清涼飲料水500mLを1日1本飲む女性と3本以上飲む女性を、全く飲まない方と比較すると

  • 1日1本飲む女性   →15%
  • 1日3本以上飲む女性 →50%以上

妊娠率が低いのです。

 

どうですか?

1日1本だけならいいよね、では済まされない妊娠率の低下ですね!

 

不妊でお悩みの方は、まずジュースや甘い缶コーヒーを控えてみましょう。

そして自分が何を食べ、何を飲んでいるのか改めて見直す事が大切です。

今のあなたの身体を造っているのは、過去にあなたが食べた物・飲んだ物なのですから!

 

勿論、ジュースほどの量ではありませんが、お菓子やお惣菜にも砂糖は使われていますので、そういった物も少しずつ控えて妊娠力を守っていきましょう!

 

食生活はばっちり見直した。

それでも中々妊娠に至らない…という方は、漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬で妊娠力の底上げをしてみませんか?

 

漢方相談は完全予約制となっております。是非漢方専門なつめ薬局の漢方薬で赤ちゃんを授かりたい!という方は電話またはメールでご予約をお願いいたします。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡くださいね。

【漢方】と西洋医学

東洋医学や漢方薬の考え方は、一般の方はもちろん、西洋医学の医師や薬剤師・看護師などですら理解しにくいものですが、大まかにでも、それぞれの特徴は知っておいた方が良いと思います。それぞれの特徴についてお話します。

【起立性調節障害】を改善する漢方専門なつめ薬局/札幌

起立性調節障害は、病院受診・検査をしても異常は認められないことが多く、「怠け者」「甘えている」と思われたりしてしまいます。この病気を放置してしまうと、かなりの高確率で「不安症やうつ病などの精神疾患」になるとも言われています。私たちは、対処療法ではなく、患者さまの状況を漢方理論で分析し、あなたの症状の本質は何かを見極めます。その上で、あなたの為の漢方薬を自社製造します。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

年齢による 大人 肌 の悩みは 漢方 でカラダの中から整えよう

30代になってから、大きなトラブルがあるわけではないけれどシミが気になってきたなど、なんとなく肌に変化を感じている方もいるかもしれません。そのまま過ごしていると、40代、50代で急激な肌の老化にショックを受けてしまうでしょう。…

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は2人に1人の計算です。がん治療の中心は西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えてがんと戦う心身の土台をつくっていくことができます。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

コメントは締め切りました