ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【橋本病】でも妊娠を目指せます!

【橋本病】でも妊娠を目指せます!

head0054

 

漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

今回は、妊娠報告の中の一例をご紹介します!

 

一人目を帝王切開にて出産後、全身の浮腫みや産後うつ・貧血などに悩まされ、その後二人目不妊となってしまった方。

そして1年間、漢方専門なつめ薬局の漢方薬で身体づくりをしていただいた40代女性より、嬉しい妊娠の報告をいただきました。

 

この方は

  • 橋本病】と診断され投薬治療中。(橋本病の方は、不妊や流産、早産、妊娠高血圧症候群などのリスクがあります。)
  • 更に胃も弱く、年に2回は胃痛のため胃カメラでの検査を行っている。
  • 過去に人工授精を3回行いましたが上手くいかなかった。
  • 人工授精中に橋本病が悪化し、結局不妊治療は一時中断。薬を増量。

という状態でした。

この、病院での治療を中断していた時期に、体質を改善しようと漢方専門なつめ薬局にご来局となりました。

 

ご来局当初は気力も体力も食欲もあまりない状態。更に生理が2日間しかなく、経血量も少ない状態でした。

食事は、夜はしっかり摂るものの、朝と昼は栄養不足気味。

夜間覚醒も1日4~5回と多く、覚醒後は再度寝付くのに時間がかかることもありました。

 

お食事や生活習慣の面での指導をして漢方薬での体質改善を開始しましたが、漢方治療を始めて4~5か月の頃、まだ妊娠できない…と焦る様子も見られました。

 

体質を変えていくのには時間がかかります。

3~4か月で無事妊娠される方もいらっしゃいますが、それほど多くはありません。

焦らず行きましょうとお話をしつつ漢方をその時の体調に合わせて変更し身体づくりをしていきました。

 

そうして漢方の服用と生活改善を続けているうちに、

  • 無気力感が無くなり、やる気が出るようになった
  • 眠りが深くなり夜間覚醒が減った
  • 夜中に目が覚めてもすぐに寝つけるようになった

など、身体に良い変化が見られるようになりました。

 

そしてある時、やはり焦りが強く、表情からも常に気を張っている様な雰囲気が見受けられました。

実は精神状況も人間の体質に大きな影響をもたらすのです。

この方は、年齢的な事もあり焦りが強く早く何とかしたいと気を張り頑張り過ぎて身体が消耗してしまっていたのでしょう。エネルギーや血液などが中々増えない状況でした。

そこで消耗を抑えるよう漢方を調整したところ、経血量も少し増え、更に生理の日数も長くなりました。赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜の状態が改善してきた証拠ですね。

表情も柔らかくなってきたなーと思っていたところ、その後の人工授精で無事妊娠となりました!

漢方薬での体質改善を始めてから1年。この人工授精で上手くいかなければ体外受精にステップアップを…と考えていたところでの妊娠でした。

 

妊娠後初めての来局時に「あんまり信じてなかったけど、漢方って本当に体質が変わるんですね!」とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

 

橋本病の方は産後に甲状腺機能の変動がみられることもあり、体調不良の原因となる場合もございます。

この方も一人目出産後にうつ等の体調不良に悩まされたということで、今後は産後に備えた漢方治療を進めていく予定です。

 

 

余談ですが、相談を受けていると、妊娠する為には母体に「ゆとり」や「余裕」が必要だと感じます。

ダイエットをしていて栄養面が不足している、焦りすぎて気持ちにゆとりがない…そんな場合は中々不妊治療も上手くいきません。

不妊でお悩みの方は、日々深い呼吸を心掛け、周りの景色を楽しみながら散歩をするなど、あまり思いつめず頑張り過ぎず、心と身体に余裕をもって過ごしていただきたいと思います。

 

 

まずは食事のバランス、運動、睡眠をしっかり調えてください。

そして焦らずゆっくり呼吸をしてリラックスを心掛けてください。

それでも中々妊娠できない場合は、漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬で妊娠・出産に備えた身体づくりをしてみませんか?

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

起立性調節障害は周りの理解が得られにくい病気です。また、ご本人も症状を明確化しづらく伝える事自体がストレスになります。ですので、身体的症状以上に周囲との関係に苦しむ病気なのです。起立性調節障害を本質的に改善するには日数がかかりますので、この心理的ダメージのケアが必ず必要になります。

【妊活と漢方/札幌】卵子や精子の質を守る!気をつけたい野菜の食べ方4ポイント

妊娠を希望している方は、卵子や精子が若々しい状態を保っているか気になりますよね。最近の研究では、卵子や精子の機能の低下に活性酸素がかかわっていることが証明されています。活性酸素を減らすために自分でできることはあるのでしょうか?ここでは、活性酸素を取りのぞく成分が多く含まれる野菜を、より効果的に食べる方法をご紹介します。

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

「卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?」この手のお問い合わせは実は多いです。この答えですが・・・これだけでは答えにくいです。ですが、「漢方は服用した方がいいです!」もちろんちゃんと理由があります。

【妊娠・漢方相談/札幌】妊活・不妊治療の前に妊娠確率を上げる方法

病院で本格的な不妊治療の前に、また、不妊治療をしている方でも、妊娠の確率を上げるためにできることがあります。この記事では、「妊娠しやすいからだの状態とはどのような状態なのか?」「日常生活でできるからだを整える方法」「不妊治療と並行して漢方の使用をおすすめする理由」などについてお伝えします!

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病は不治の病なのか?治る為に必要な本当の治療とは?

糖尿病は治らない、一度なると一生付き合う病気と今までの通説ではいわれてきました。しかし、イギリスで行われている研究では完治する可能性が報告されました。早めの取り組みが糖尿病の改善に有効ですよ。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

コメントは締め切りました