ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

head0039

札幌 漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)

【地中海食で妊娠率が上がる】

 

という情報を聞いたことはありませんか?最近、患者さんから質問を受けるので何かで特集されたのかもしれませんね(^_^;)

これは海外での調査結果を基にした情報でして、根拠のある情報なのですが、少し勘違いしてる方もいるようなので、すごく簡単にですが説明しようと思います。

地中海食ってどんなもの?

皆さんは、地中海食って、どんな物かわかりますか?インターネットで「地中海料理 写真」で検索すると、おしゃれで、おいしそうな料理やワインが、たくさん出てきます。

皆さんですね、『この華やかな料理を食べると妊娠しやすくなるんですか??』という感じで質問してくるわけでして(^_^;)

残念ですが・・・違うんです・・・希望を閉ざしてスミマセン(>_<)

 

この情報の元になった調査でいう地中海食は、

精製度合いの低い穀物(全粒粉のパン・パスタ、玄米など)を主食にして、果物、野菜、豆類、魚、オリーブオイルを多く使い、肉類を少なくした食事スタイル

としています。そして、

肉類やアルコール、チーズ、ヨーグルト、牛乳はマイナス影響を与える物

として考えています。つまりですね、ザックリ表現すると、

『華やかな料理では無くて、あまり加工をしていない、食材の持ち味を大切にした食事を心がけましょう。アルコールはほどほどでね♪』

という素朴な感じになるんです。う~ん、残念><

地中海食の良いところを取り入れる

地中海食の特徴は、穀類の精製度合いが低く、野菜・豆類・果物・魚を多く摂取することです。これにより、抗炎症作用、抗酸化作用、抗糖化作用が期待され、質の良い精子や卵子が作られると考えられています。

ですので、

  • お米は玄米に。パンやパスタは全粒粉にする。
  • おかずのメインは魚や魚介類にする。肉は週1回程度
  • 新鮮な野菜・豆類を食べる(カットされてる野菜はいけません)
  • 糖分は控える(菓子・ケーキ・飲み物などに大量に入ってます)
  • アルコールは強い弱いに限らず週1回程度にする

等を、できそうな事からやっていきましょう(^^♪

食事習慣の改善が実を結ぶのは、取り組みをスタートして数ヶ月経ってからになります。焦らず、根気よく、続ける事が大切ですよ(^_^)/

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は2人に1人の計算です。がん治療の中心は西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えてがんと戦う心身の土台をつくっていくことができます。

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためにはどのようなことができるのでしょうか。西洋医学では様々な治療もスムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情ですが、漢方では患者さん一人ひとりの体質を見極め赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるようにお母さんのカラダ全体のバランスを整えていくことができます。

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

1生理周期で【妊娠する確率】を知っていますか?

人間は、他の哺乳動物と比べると【妊娠率】が低いと言われていますが、具体的にどのくらいなのかご存知ですか?健康で何の問題も無いカップルでも、お子さんを希望してタイミングを合わせるようにしてから1周期あたりで考えてみると驚きの確率なんです。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

コメントは締め切りました