ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

head031

札幌の漢方専門なつめ薬局です。

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)。排卵がうまくいかないため、不妊の原因の一つです。また、子宮体がんのリスクが高まることも知られています。

超音波検査をして、多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

 

【多嚢胞性卵巣とは】

ホルモンの乱れが原因で、卵胞が発育するのに時間がかかり、なかなか排卵しない疾患を多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)といいます。

 

通常は、卵巣のなかで1つの卵胞が大きくなり、約28日に1つずつ卵巣の外に出ていきます(排卵)。しかし多嚢胞性卵巣の場合、すべての卵胞が1センチメートルくらいまでしか成長せず、排卵しないで卵巣中に残ります。

 

このとき同じくらいの大きさのたくさんの卵胞が、卵巣の壁にそって一列に並んでいます。一列に並んだ状態がネックレスのように見えることからネックレスサインと呼ばれ、多嚢胞性卵巣の特徴として知られています。

 

また、卵巣の表皮が硬く厚くなってしまうのも特徴です。皮が厚いと卵胞が外に出づらく、排卵障害となります。

 

卵巣内がこういった状態になっていることを多嚢胞性卵巣といい、さらに下記のような自覚症状がある場合を多嚢胞性卵巣症候群と呼んで区別しています。

  • 月経周期が35日以上
  • 以前は順調だった月経が不規則になる
  • ニキビが多い
  • やや毛深い
  • 肥満

など

 

すべての自覚症状があるわけでなく、患者によって異なります。

 

排卵がうまくいかない原因は、卵巣内の男性ホルモンが多いためです。なぜ男性ホルモンが多くなってしまうのかというと、脳から出ている黄体形成ホルモンや、すい臓から分泌されるインスリンが増大することで、男性ホルモンが増えると考えられています。

 

自覚症状のニキビや毛深さは、男性ホルモンが原因です。また、インスリンの出すぎで肥満になっている方も少なくありません。

 

【多嚢胞性卵巣症候群の治療】

多嚢胞性卵巣の方の悩みの多くは、不妊です。そのため、治療は妊娠することを目的に行うケースがほとんどです。

 

若いうちであれば、食事や運動などの生活習慣を変え、体重コントロールをするだけで妊娠にいたる方もいます。しかし、そもそもホルモンバランスが崩れているため、ダイエットがうまくいかない方も少なくありません。

 

一般的な治療としては、まずは飲み薬の排卵誘発剤を使い、排卵のチャンスを増やします。排卵誘発剤だけでうまくいかない場合は、ステロイドや漢方薬を一緒に使うこともあります。また最近では、糖尿病の薬がインスリンの過剰分泌を抑制し、男性ホルモンの量を抑えることもわかってきました。

 

飲み薬だけでは排卵しない場合、注射により排卵誘発をうながすという手もあります。しかし多嚢胞性卵巣の方は、排卵誘発剤に過剰に反応、卵巣に水がたまったり、血液が濃縮してしまったりすることも多いと知られています。

 

排卵誘発剤の過剰反応や多胎妊娠の可能性から、注射による排卵誘発が必要な場合は、体外受精をすすめる病院もあります。

 

外科的な治療としては、硬くなった卵巣の表面にポツポツと多数の穴をあけて排卵しやすくする腹腔鏡下卵巣多孔術という方法があります。この手術をすると、排卵誘発剤の効果が上がったり自然に排卵したりするようになります。しかし、徐々に穴はふさがってしまうため効果は半年から1年半ほどといわれています。

 

このように、多嚢胞性卵巣の方の治療というと、妊娠を目的とするケースが多くなっています。そのため、卵巣の中の状態をよくするというよりは、不妊に対する治療がメインです。

 

しかし、多嚢胞性卵巣による月経不順を放置していると、子宮体がんのリスクが高まることも知られています。「妊娠の予定はないから」とそのままにしているのは危険です。

 

ピルを飲んで排卵を止め卵巣を休ませるという方法もありますが、カラダのことを考えると自然なこととはいえないでしょう。

 

卵胞の成長を正常化し卵巣の壁を柔らかくするなど、卵巣を本来の状態に戻していくには漢方を使うという方法があります。

 

【漢方と多嚢胞性卵巣】

多嚢胞性卵巣の一般的な病院治療でも、漢方薬は使われています。病院で治療している方のなかには、粉薬や錠剤の漢方薬を処方されたことのある方もいるのはないでしょうか。

 

西洋医学の病院では、漢方薬も病名に合わせて処方されることがほとんどです。しかし、本来の漢方の考えでは、卵巣が硬くなり排卵しづらいという症状(西洋医学の病名)は結果でしかなく、その結果になった根本の原因はカラダ全体のバランスです。

 

多嚢胞性卵巣の状態を漢方的に考えると、漢方理論「気・血・水」のうち、血を中心にした病変であると考えます。血の力をつけカラダ全体のバランスを整えることで、卵巣内の状態の改善を目指します。そのためには、お一人お一人のカラダの状態をよく確認して、それぞれにあった漢方を処方することが大切です。

関連記事:【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

一般的に病院で処方される漢方薬は、工場で粉薬や錠剤として製造されています。しかし漢方は本来、生薬を煎じてエキスをそのままカラダに取り入れるものです。

 

粉薬などの漢方薬で結果が出ているのならよいのですが、「これまでに漢方薬をのんだことはあるけど効果がなかった」という方は、生薬のエキスをそのまま取り出した自社製造の漢方を試してみてはいかがでしょうか。

 

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。その方は、初回相談時には既に40代、乳癌、子宮ポリープ等の手術経験もありました。さらに医師より…

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

あなたが幾度か流産を経験している、もしくは不育症と言われたことがあるなら…もしかしたら、「とある栄養素」が不足しているのかもしれません。その栄養素を摂る事で免疫が整えられ、着床不全や不育症のリスクが軽減するという研究結果があります。その免疫を正常な動きにしてくれる栄養素とは何なのでしょうか?

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

出産報告を続々といただいております(^^)

札幌のなつめ薬局に漢方不妊相談にいらっしゃる方は、基本的には不妊症の方で、病院治療で結果の出なかった方々が多いです。つまり妊娠確率の相当低い方々ばかりが集まっているんです。そんな中の出産ラッシュ!本当にうれしいです!!

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

コメントは締め切りました