ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

漢方薬は花粉症の治療もできます。

漢方薬は花粉症の治療もできます。

札幌・漢方専門 なつめ薬局の藤本ですm(__)m

 

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…
花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。

鼻水・鼻づまりに目のかゆみ、涙、くしゃみ…
晴れていても洗濯物は外には干せず、外出時にはマスクが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

昔は今ほど花粉症の患者さんは多くはありませんでした。しかし最近は
・生活環境の変化
・食生活の乱れ
・過剰なストレス
・慢性疲労や睡眠不足
・大気汚染や食品添加物
などの要因が人々の体質を変化させ、花粉症を発症してしまう方が増えたようです。
花粉症は東洋医学では、

「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」

と考えます。

ではなぜ水分が溜まってしまうのか?というと…

まず日本は湿気の多い気候なので皮膚からの水分の蒸発が少なく、元々人々の身体に水が溜まりやすい傾向にあるんです。

そのうえ、最近は「代謝を良くするため!ダイエットに!」と大量の水分を摂取する傾向が見られます。
過剰な水分は身体を冷やし、代謝を悪くしてしまう場合があります。
代謝が悪くなり、水分排出の機能が低下したところにまた大量の水分を入れると…当然排出が間に合わなくなってどんどん溜まっていきますよね。

その他にも水分代謝低下の要因として
・日々の生活の中でストレスを抱え、うまく発散できない。
・クーラーの影響や毎日身体を冷やす食べ物・飲み物を摂取し続けた結果、内臓が冷えてしまっている。
・食事が悪くエネルギーが不足してしまっている。
・食事はしっかり摂っても胃腸の状態が良好ではなく、消化吸収がうまくいかない為エネルギー不足に陥っている。
などなど色々あって、結果身体の正常なバランスが保てなくなってしまい「水分代謝の悪い水の溜まった身体」が作られてしまうんです。
そしてここで、初めに述べた花粉症発症の要因をちょっと思い返してください。

例えば「食生活の乱れ、添加物の摂取」を例に挙げると
・お手軽だけれど添加物がいっぱい入ったお惣菜やファーストフード、コンビニ弁当、冷凍食品、インスタント食品などと毎日食べている
・アイスやジュースなど冷たくて甘い物が大好き
そんな偏った食生活を続けている方は免疫システムにも狂いが生じてきます。
では花粉症の辛い症状がどのようにして出てくるのかを簡単に説明しますと

食生活の乱れなどで免疫システムのバランスが崩れ、更に身体に水分が溜まってしまっている人の粘膜に花粉が付着

免疫システムが過剰反応を起こし、本来無害な花粉を「これは有害。排除しなければ!」と判断

身体に溜まった水分を使って押し流したり、体内への侵入を防ごうとしたりする。

その結果が鼻水や涙、鼻づまりやなどの辛い症状となって表れているのです。
日常生活に大きな影響を及ぼす鼻水や涙、これら花粉症の症状は、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬などで抑えている方も多いと思います。

ですが、
・一日中眠い
・ボーっとして集中できない
・口が乾く
・便秘する
などの副作用に悩まされている方もたくさんいらっしゃることも事実です。
眠くてボーっとしていたら、車や自転車の運転はとっても危険ですし、仕事や勉強にも支障が出ますよね。

西洋医学の薬では、鼻水やかゆみなどを引き起こすヒスタミンなど化学伝達物質をブロックすることで辛い症状を抑えています。
しかしこのヒスタミン、脳を活性化させる働きもあるので、これをブロックすることで眠気が出たりするのです。
そこで漢方の出番です。

・身体に溜まった水分を体外に出す
・体内の水分の流れを良くする
・水分が溜まる要因となった身体のバランスの乱れを整える

このような体質改善をすることによって漢方は、花粉症の症状を軽減・改善することが出来るのです。
ヒスタミンをブロックするわけではありませんので、眠気は出ません。
余計な水分だけを排出してくれるので、身体が渇きすぎる…なんて事もありません。

辛い症状を抑えるだけの対症療法ではなく、身体のバランスを調え体質から変えていくことで正常な免疫システムを取り戻すのが漢方治療の目的です。

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方。
なつめ薬局の本格的なオーダーメイド漢方薬で花粉症対策してみませんか?

体質改善は一朝一夕では出来ません。
ジュースやアイスなど甘い物・冷たいものの摂りすぎやクーラーでの冷えなどにも十分注意しつつ、花粉の飛んでいない時期から長期で漢方の服用を続けることが効果的です。
ご相談は是非お早めに。

お問い合わせ→こちらからどうぞ。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症とたばこや電子タバコとの関係とは!?

掌蹠膿疱症の原因は、扁桃腺炎や虫歯、歯周囲炎などの感染病巣と密接に関連していることが知られていますが、多くの場合、原因は不明と言われています。ただ、掌蹠膿疱症を悪化させる要因として【たばこ】【アイコス】等の喫煙習慣が挙げられています。掌蹠膿疱症の患者の85%以上が喫煙者であり特にヘビースモーカーが多いことや、発症リスクの上がることなどがわかっています。

年齢とともに痩せにくくなったカラダも 漢方ダイエット でスッキリ健康的に

「 ダイエット をしても若い頃のように 痩せない ……」「 漢方 が ダイエット に効くと聞くけれど、何を選んだらよいのか分からない」このような悩みを持っている40代以上の方も多いのではないでしょうか。更年期にさしかかる40代は、脂肪をためやすく痩せにくいカラダになるといわれています。痩せにくくなったカラダで…

くりかえす皮むけ「落屑(らくせつ)」、なかなか治らないアトピー性皮膚炎に漢方は効く?

秋から冬にかけて乾燥が強くなると、皮膚がパラパラと剥け落ちる落屑がより気になってくるというアトピー性皮膚炎の方も多いと思います。漢方は乱れた体内のバランスを整えて体質を改善するので、繰り返す落屑でなかなか治らない皮膚の根本的な回復に繋がります。

【アトピー】と【熱】と【漢方】と。

日常生活に大きな悪影響を及ぼすアトピー性皮膚炎に悩まされている方…最近、増えています。現在、かゆみで眠れない・集中出来ない・じゅくじゅくした浸出液がつらい・落屑があって人目が気になる・ステロイド剤をやめたい、そんなお悩みを抱えている方、なつめ薬局の本格的な漢方薬で悪さをしている「熱」を追い出してみませんか?

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが、花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱ですよね。花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。花粉症にならないためにも悪化しないためにも必要なことをお話します。

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

コメントは締め切りました