ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

漢方薬は花粉症の治療もできます。

漢方薬は花粉症の治療もできます。

札幌・漢方専門 なつめ薬局の藤本ですm(__)m

 

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…
花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。

鼻水・鼻づまりに目のかゆみ、涙、くしゃみ…
晴れていても洗濯物は外には干せず、外出時にはマスクが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

昔は今ほど花粉症の患者さんは多くはありませんでした。しかし最近は
・生活環境の変化
・食生活の乱れ
・過剰なストレス
・慢性疲労や睡眠不足
・大気汚染や食品添加物
などの要因が人々の体質を変化させ、花粉症を発症してしまう方が増えたようです。
花粉症は東洋医学では、

「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」

と考えます。

ではなぜ水分が溜まってしまうのか?というと…

まず日本は湿気の多い気候なので皮膚からの水分の蒸発が少なく、元々人々の身体に水が溜まりやすい傾向にあるんです。

そのうえ、最近は「代謝を良くするため!ダイエットに!」と大量の水分を摂取する傾向が見られます。
過剰な水分は身体を冷やし、代謝を悪くしてしまう場合があります。
代謝が悪くなり、水分排出の機能が低下したところにまた大量の水分を入れると…当然排出が間に合わなくなってどんどん溜まっていきますよね。

その他にも水分代謝低下の要因として
・日々の生活の中でストレスを抱え、うまく発散できない。
・クーラーの影響や毎日身体を冷やす食べ物・飲み物を摂取し続けた結果、内臓が冷えてしまっている。
・食事が悪くエネルギーが不足してしまっている。
・食事はしっかり摂っても胃腸の状態が良好ではなく、消化吸収がうまくいかない為エネルギー不足に陥っている。
などなど色々あって、結果身体の正常なバランスが保てなくなってしまい「水分代謝の悪い水の溜まった身体」が作られてしまうんです。
そしてここで、初めに述べた花粉症発症の要因をちょっと思い返してください。

例えば「食生活の乱れ、添加物の摂取」を例に挙げると
・お手軽だけれど添加物がいっぱい入ったお惣菜やファーストフード、コンビニ弁当、冷凍食品、インスタント食品などと毎日食べている
・アイスやジュースなど冷たくて甘い物が大好き
そんな偏った食生活を続けている方は免疫システムにも狂いが生じてきます。
では花粉症の辛い症状がどのようにして出てくるのかを簡単に説明しますと

食生活の乱れなどで免疫システムのバランスが崩れ、更に身体に水分が溜まってしまっている人の粘膜に花粉が付着

免疫システムが過剰反応を起こし、本来無害な花粉を「これは有害。排除しなければ!」と判断

身体に溜まった水分を使って押し流したり、体内への侵入を防ごうとしたりする。

その結果が鼻水や涙、鼻づまりやなどの辛い症状となって表れているのです。
日常生活に大きな影響を及ぼす鼻水や涙、これら花粉症の症状は、抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬などで抑えている方も多いと思います。

ですが、
・一日中眠い
・ボーっとして集中できない
・口が乾く
・便秘する
などの副作用に悩まされている方もたくさんいらっしゃることも事実です。
眠くてボーっとしていたら、車や自転車の運転はとっても危険ですし、仕事や勉強にも支障が出ますよね。

西洋医学の薬では、鼻水やかゆみなどを引き起こすヒスタミンなど化学伝達物質をブロックすることで辛い症状を抑えています。
しかしこのヒスタミン、脳を活性化させる働きもあるので、これをブロックすることで眠気が出たりするのです。
そこで漢方の出番です。

・身体に溜まった水分を体外に出す
・体内の水分の流れを良くする
・水分が溜まる要因となった身体のバランスの乱れを整える

このような体質改善をすることによって漢方は、花粉症の症状を軽減・改善することが出来るのです。
ヒスタミンをブロックするわけではありませんので、眠気は出ません。
余計な水分だけを排出してくれるので、身体が渇きすぎる…なんて事もありません。

辛い症状を抑えるだけの対症療法ではなく、身体のバランスを調え体質から変えていくことで正常な免疫システムを取り戻すのが漢方治療の目的です。

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方。
なつめ薬局の本格的なオーダーメイド漢方薬で花粉症対策してみませんか?

体質改善は一朝一夕では出来ません。
ジュースやアイスなど甘い物・冷たいものの摂りすぎやクーラーでの冷えなどにも十分注意しつつ、花粉の飛んでいない時期から長期で漢方の服用を続けることが効果的です。
ご相談は是非お早めに。

お問い合わせ→こちらからどうぞ。

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

女性の 薄毛 ・ 抜け毛 はカラダ全体のバランスを整えることで解決しましょう。 漢方 で出来る事。

更年期にさしかかる40代から薄毛が気になり始める女性が多いものの、20代、30代の若いうちから髪の薄さに悩んでいる方も少なくありません。体質だから、もう年だから、とあきらめてしまっている方はいないでしょうか?薄毛の原因となっているカラダ全体のバランスの崩れを根本的に改善できれば、頭皮の状態が良くなり髪の毛の状態も良くなってきます。漢方は、この崩れてしまったバランスを正しく整える手助けをします。

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

メラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?日本において、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、つまりメラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っているという研究があります。メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?をお話ます。

【 舌痛症 と 漢方 / 札幌 】舌が痛いのはなぜなのか?更年期の女性に多い舌痛症とは?

舌がぴりぴり、ひりひり、ジンジンする…それなのに口の中を検査しても異常が見つからない場合、それは【舌痛症】かもしれません。この舌痛症は、全人口の0.3%〜7%に発症すると言われています。中でも40代〜50代の更年期世代の女性に多く、12%〜18%の発症率となっています。舌痛症とはどのような病気・症状なのか?詳しく見ていきましょう。

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

コメントは締め切りました