ホーム / お肌の悩みを解決するブログ /

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

head0040

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)/

 

この数日で、大人ニキビの相談予約がドカドカ入りまして・・・今年もこの季節が来たか~と感じています。

そうなんです。大人ニキビは冬に悪化しやすいんです(>_<)

大人ニキビが冬に悪化する原因はナニ??

大人ニキビ発生の最終的な機序は『毛穴が詰まる事』ですが、私たちが漢方相談の中で探っていくのは『ナゼ詰まったのか?』という原因です。

詰まる原因については、ストレス・ホルモン・睡眠不足・細菌感染・毛穴状態などですが、実は乾燥と冷えも悪化の要因になります。つまり冬の季節は大人ニキビは悪化しやすい環境が揃っているわけなんです(>_<)なので、この季節は相談予約がドカドカ入るんですね(^_^;)ちなみに、思春期ニキビは夏に悪化する傾向があります。

【乾燥】と【冷え】がもたらす皮膚バリア崩壊

大人ニキビが出来やすい状況として、皮膚バリア崩壊が挙げられます。その皮膚バリアが崩壊する理由の一つが【角質層の乾燥】です。

空気が乾燥する

→角質層の水分不足で皮膚バリア崩壊

→トラブルの起きやすい敏感肌になる

→角質がはがれやすくなって毛穴が角栓で詰まる

→皮膚バリア崩壊をカバーするために皮脂をせっせと分泌する

→毛穴が詰まってるので皮脂が溜まってニキビになる

という具合なんですね。

 

また、【冷え】も大人ニキビ悪化の原因になります。寒い環境や冷えがあると交感神経という神経が活発に働きます。それにより男性ホルモンの分泌が増えるのですが、この男性ホルモンが曲者です。

男性ホルモンという名前から女性には無いと思っている方がいらっしゃるのですが、女性でも体内で分泌されています。

さて、男性ホルモンですが、体内で様々な働きをしています。その働き自体は身体に必要な物です。ですが、ニキビにとってはマイナスの働きがあります。その働きとは・・・

『お肌の乾燥を進め、皮脂の分泌を促す作用』

があるんです。まさにニキビの天敵と言える働きです。ですので、男性ホルモンの分泌を促す【冷え】は、対策が必要なんです。

 

 

大人ニキビ改善を早くする方法

乾燥や冷えの対策として、みなさんが思い浮かべる方法は、保湿クリームや美容液、靴下の重ね履き等のようです。ですが、それで皮膚バリア崩壊を防げるか?というと・・・残念ながら防げません。

その改善には、根本的に生活習慣の改善を行う必要があります。

食事は?運動習慣は?睡眠の取り方は?生活環境は?心の状態は?などの見直しです。そして、その改善を続ける努力が必要です。

ここが本当に難しいところですよね。どのように改善したらいいのか?も悩みますし、正しい改善方法がわかっても継続するのは大変です。さらに正しい方法に改善し、継続ができても、結果はすぐには現れない・・・本当に辛いです。

少しでも早く結果を出したい方は、生活習慣の改善とともに漢方薬を服用するのが効果的です。それも、ただの錠タイプや粉タイプの漢方薬ではなく、オーダーメイド製造される煎じタイプの漢方薬がより効果的です。

札幌の漢方専門 なつめ薬局では、本格的なオーダーメイド漢方薬を製造・提供するだけでなく、あなたの状態を漢方理論に基づいて分析し、必要に応じた生活習慣の改善方法をお伝えしています。

正しい生活習慣改善と本格的なオーダーメイド漢方薬で、大人ニキビは驚くほど改善します。

お困りの方はご相談くださいね。

大人ニキビの情報→こちらにもございます

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

札幌・漢方専門 なつめ薬局に通っていただき冷えを改善し妊娠できた方がいらっしゃいました。その方は、医師から余計な物は飲まない方がいいと言われ、妊娠とともに漢方を止めてしまいましたそして、数ヵ月後、その方から連絡がありました。「妊娠後期に逆子になってしまった・・・」。

からだの外側から訪れる、不調や病気の7つの原因

「漢方・中医学を学ぶ」第5回目は外因です。東洋医学で考える病気の原因のひとつで、自然界が身体に悪さをすると病気の原因になることについて学びます。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

繰り返す下痢・便秘・腹痛は過敏性腸症候群(IBS)かも?そのお悩み、漢方治療で改善

過敏性腸症候群は、腸の炎症や腫瘍がないにも関わらず、下痢や便秘、腹痛、お腹にガスが溜まるなどの便通異常を慢性的に繰り返します。症状が悪化するとトイレが不安で外出が難しいなど生活にも影響が出てきます。原因は主にストレスだといわれていますが明確にはわかっていません。原因は分からなくても漢方では乱れた身体のバランスを整えて症状を改善します。

これって産後うつ?産後の辛い不調に効く漢方治療とは

出産後、休む間もなく生活が子ども中心へと大きく変わります。母体が回復しないまま、「なんで上手くいかないの?」と思うようにいかない子育てに、不安や焦り、イライラを抱え、産後うつになる人も少なくありません。漢方は心と身体の両方を回復させるのに有効なことをご紹介します。

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【妊娠・漢方相談/札幌】妊活・不妊治療の前に妊娠確率を上げる方法

病院で本格的な不妊治療の前に、また、不妊治療をしている方でも、妊娠の確率を上げるためにできることがあります。この記事では、「妊娠しやすいからだの状態とはどのような状態なのか?」「日常生活でできるからだを整える方法」「不妊治療と並行して漢方の使用をおすすめする理由」などについてお伝えします!

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

コメントは締め切りました