ホーム / お肌の悩みを解決するブログ /

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

head0040

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)/

 

この数日で、大人ニキビの相談予約がドカドカ入りまして・・・今年もこの季節が来たか~と感じています。

そうなんです。大人ニキビは冬に悪化しやすいんです(>_<)

大人ニキビが冬に悪化する原因はナニ??

大人ニキビ発生の最終的な機序は『毛穴が詰まる事』ですが、私たちが漢方相談の中で探っていくのは『ナゼ詰まったのか?』という原因です。

詰まる原因については、ストレス・ホルモン・睡眠不足・細菌感染・毛穴状態などですが、実は乾燥と冷えも悪化の要因になります。つまり冬の季節は大人ニキビは悪化しやすい環境が揃っているわけなんです(>_<)なので、この季節は相談予約がドカドカ入るんですね(^_^;)ちなみに、思春期ニキビは夏に悪化する傾向があります。

【乾燥】と【冷え】がもたらす皮膚バリア崩壊

大人ニキビが出来やすい状況として、皮膚バリア崩壊が挙げられます。その皮膚バリアが崩壊する理由の一つが【角質層の乾燥】です。

空気が乾燥する

→角質層の水分不足で皮膚バリア崩壊

→トラブルの起きやすい敏感肌になる

→角質がはがれやすくなって毛穴が角栓で詰まる

→皮膚バリア崩壊をカバーするために皮脂をせっせと分泌する

→毛穴が詰まってるので皮脂が溜まってニキビになる

という具合なんですね。

 

また、【冷え】も大人ニキビ悪化の原因になります。寒い環境や冷えがあると交感神経という神経が活発に働きます。それにより男性ホルモンの分泌が増えるのですが、この男性ホルモンが曲者です。

男性ホルモンという名前から女性には無いと思っている方がいらっしゃるのですが、女性でも体内で分泌されています。

さて、男性ホルモンですが、体内で様々な働きをしています。その働き自体は身体に必要な物です。ですが、ニキビにとってはマイナスの働きがあります。その働きとは・・・

『お肌の乾燥を進め、皮脂の分泌を促す作用』

があるんです。まさにニキビの天敵と言える働きです。ですので、男性ホルモンの分泌を促す【冷え】は、対策が必要なんです。

 

 

大人ニキビ改善を早くする方法

乾燥や冷えの対策として、みなさんが思い浮かべる方法は、保湿クリームや美容液、靴下の重ね履き等のようです。ですが、それで皮膚バリア崩壊を防げるか?というと・・・残念ながら防げません。

その改善には、根本的に生活習慣の改善を行う必要があります。

食事は?運動習慣は?睡眠の取り方は?生活環境は?心の状態は?などの見直しです。そして、その改善を続ける努力が必要です。

ここが本当に難しいところですよね。どのように改善したらいいのか?も悩みますし、正しい改善方法がわかっても継続するのは大変です。さらに正しい方法に改善し、継続ができても、結果はすぐには現れない・・・本当に辛いです。

少しでも早く結果を出したい方は、生活習慣の改善とともに漢方薬を服用するのが効果的です。それも、ただの錠タイプや粉タイプの漢方薬ではなく、オーダーメイド製造される煎じタイプの漢方薬がより効果的です。

札幌の漢方専門 なつめ薬局では、本格的なオーダーメイド漢方薬を製造・提供するだけでなく、あなたの状態を漢方理論に基づいて分析し、必要に応じた生活習慣の改善方法をお伝えしています。

正しい生活習慣改善と本格的なオーダーメイド漢方薬で、大人ニキビは驚くほど改善します。

お困りの方はご相談くださいね。

大人ニキビの情報→こちらにもございます

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

【認知症と漢方/札幌】認知症の基礎知識と漢方薬

高齢化が進んでいくなかで認知症患者も増えつづけています。軽度認知症を含めると65歳以上である高齢者の4人に1人が認知症または予備軍という調査もあります。認知症はとても身近なものではないでしょうか。認知症は患者さん本人だけでなく介護をする家族にとっても大きな問題です。認知症にはどのような種類があるのか、また病院での治療や漢方にできることをご紹介します。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【 舌痛症 と 漢方 / 札幌 】舌が痛いのはなぜなのか?更年期の女性に多い舌痛症とは?

舌がぴりぴり、ひりひり、ジンジンする…それなのに口の中を検査しても異常が見つからない場合、それは【舌痛症】かもしれません。この舌痛症は、全人口の0.3%〜7%に発症すると言われています。中でも40代〜50代の更年期世代の女性に多く、12%〜18%の発症率となっています。舌痛症とはどのような病気・症状なのか?詳しく見ていきましょう。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

コメントは締め切りました