ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

head0049

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとした時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。

私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、生活習慣や置かれている環境なども改善のためには必要と考えています。

特に、『心・食・動・休・環』の5つのポイントを大切にしています。

  • 心・・・心の持ち方。思考の習慣。
  • 食・・・食べ物・飲み物・お菓子類など口に入れる全ての物。
  • 動・・・運動の習慣。
  • 休・・・睡眠の取り方
  • 環・・・生活環境・仕事環境。

とても基本的な事ですよね。そうなんです。何も特別な事はしなくていいんです。当たり前のことを当たり前にやれているかどうか?これが重要なんですね。

スポーツでも基本が大切です。

勉強でも基本が大切です。

当然、健康も基本が大切なんですね。

健康における基本とは心食動休環の5つのポイントになります。

【起立性調節障害】自分にとっての【基本】を知ることから始める

では、あなたは健康の基本はできていますか?

健康の為と思って、取り組んでいる事は正しいですか?

水はたくさん飲みなさい

食事は1日3回食べなさい

牛乳を飲みなさい

塩分は控えた方がいい

などなど、起立性調節障害の方には適さない健康法を必要だと思ってやっていませんか?

上記のような取り組みが必要かどうか?は、まず自分の体質把握をしなければいけません。

ですが、多くの医療機関では、体質把握はできません。西洋医学には本質的な体質を考察する手段が無いんですね。せいぜい、○○はありますか?△△はどうですか?程度の確認となります。これでは本質的な体質把握はできないんです。

なつめ薬局は、『現在の状況はなぜなのか?』を把握するために、

肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱などの働きはどうなのか?

その連携はどうなのか?

思考習慣はどのような傾向か?

食習慣はどうか?

運動習慣はどうか?

睡眠の状況は?

周りの環境はどのような状況か?

本質的なポイントはどこか?

その改善に必要な生活習慣のポイントはどこか?

それには何をしたら良いのか?

上記の流れから答えを導き出します。その答えの検証は過去数百年にわたる漢方理論が証明してくれています。

身体の性質は、本来、このような考察を経て、初めて把握できることなのです。情報があふれてる時代のせいか、皆さん、惑わされてしまうわけなんです。

【起立性調節障害】どのような取り組みが必要か?人によって変わります

なつめ薬局に相談に来られた患者さまが、

『「病院(医師や看護師・薬剤師などから)でお水をたくさん飲みなさい」と言われたから水を3リットル飲んでます。』とおっしゃっていました。それは、その患者さんの本質的体質から見ると、病状を悪化させる取り組みでした。現に、それを実践してから患者さまは病状が悪化し学校に全く通えない状態になっていました。

確かに、『起立性調節障害の方は水を多く飲むのが有効だ』という報告はあります。

ですが、この方は脾(消化器系)の力が極端に弱く、そもそも水を受け止める事が困難で、大量の水が体内に入ることにより、その処理にエネルギーを消耗してしまい、臓腑の機能低下を招いていたのです。

西洋医学では、病態・対処法の一般化を行います。一般化された治療法は、たくさんの患者さまを時間の無い中でスムーズに診察・治療を行うのに有効なのですが、その一方で、一般的ではない患者さまにマイナスになる行為です。これは、典型的な例と言えます。

医師に、看護師に、薬剤師に、言われたから・・・

アメブロにこう書いてあったから・・・

サプリメント売ってる人がこう言ってたから・・・

という考え方は危険なんですね。

大切なのは、自分にはどうなのか?を見極める事になります。

【起立性調節障害】の相談をするには?

起立性調節障害を改善するには、まずは、患者さまの本質的体質を把握する事が第一です。それがあって初めて改善案・対策が出てきます。その為に必要なのは、専門家による見立てです。

また、現実的には、心食動休環の取り組みだけでは、改善が遅い為、漢方薬を一緒に服用する必要も出てきます。

この時に使う漢方薬も、起立性調節障害だから○○という漢方薬を使う。というのではなく、本質的体質に応じて柔軟に対応できる、オーダーメイド自社製造の漢方薬が有効なのは当然の事です。

漢方専門なつめ薬局では、今まで数えきれない程の患者様を改善しております。患者さまの都合で途中離脱するケースもありますので100%とは言えませんが、病院治療で改善しなかった難治性の患者さまがメインに訪れる中で胸を張れる治療成績となっております。

なつめ薬局での漢方治療をご希望される方は、下記よりご予約・お問い合わせをお願いします。非常に混雑しておりますので、ご希望の日時が取れない事も多いです。早めのご連絡をお勧めいたします。

くりかえす皮むけ「落屑(らくせつ)」、なかなか治らないアトピー性皮膚炎に漢方は効く?

秋から冬にかけて乾燥が強くなると、皮膚がパラパラと剥け落ちる落屑がより気になってくるというアトピー性皮膚炎の方も多いと思います。漢方は乱れた体内のバランスを整えて体質を改善するので、繰り返す落屑でなかなか治らない皮膚の根本的な回復に繋がります。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

【妊活】と【運動】の関係を。

今回は運動が及ぼす妊活への影響についてお話しますね。実は【運動】と【妊娠】の関係については様々な検証が行われているんです。いったいどんな運動が妊活によいのでしょうか?

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病は不治の病なのか?治る為に必要な本当の治療とは?

糖尿病は治らない、一度なると一生付き合う病気と今までの通説ではいわれてきました。しかし、イギリスで行われている研究では完治する可能性が報告されました。早めの取り組みが糖尿病の改善に有効ですよ。

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

子どものチック症は治るの?チック治療と“漢方薬”の関係

子どものチック症は西洋薬で症状の軽減を図る治療が主流ですが、それだけでは対応できないこともあります。病院では西洋薬に漢方をあわせる治療が増え、症状が良くなるケースも多く、漢方が効くと期待されています。ここでは子どものチック症に対する漢方の有効性についてご紹介します。

【耳鳴り】放置しておくと、もっと辛い症状が待っていますよ。

軽いのも含めたら、耳鳴りを経験されたことのある方は多いのではないでしょうか。耳鳴りがしている間、他の人の話し声が聞こえにくかったり、耳鳴りが気になって眠れなくなったり、いつまで続くのか不安で気持ちも落ち込みとても辛いですよね。でも漢方薬は耳鳴りにも効果を発揮するんです。

【症例報告/不妊】低温期なのに体温が高いあなたが不妊である理由。漢方薬でいう陰虚とは?

赤ちゃんを望んで病院で不妊治療もしているのに授からないのは何故なんだろう…?基礎体温は標準より高いけど病院では他に特に問題はないと言われているし…など、悪いところは特に見当たらないし色々頑張っているのに妊娠できないというその不妊体質、漢方薬だったら改善できる可能性があります!今回は漢方薬でいう【陰虚】が原因の不妊でお悩みだった女性のご相談例を一つご紹介します。

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

「検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い」、などのような様々な更年期障害の不快な症状の治療は漢方薬が一番得意としているところです。体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで更年期障害は本質から改善できますよ。

コメントは締め切りました