ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

head0049

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとした時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。

私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、生活習慣や置かれている環境なども改善のためには必要と考えています。

特に、『心・食・動・休・環』の5つのポイントを大切にしています。

  • 心・・・心の持ち方。思考の習慣。
  • 食・・・食べ物・飲み物・お菓子類など口に入れる全ての物。
  • 動・・・運動の習慣。
  • 休・・・睡眠の取り方
  • 環・・・生活環境・仕事環境。

とても基本的な事ですよね。そうなんです。何も特別な事はしなくていいんです。当たり前のことを当たり前にやれているかどうか?これが重要なんですね。

スポーツでも基本が大切です。

勉強でも基本が大切です。

当然、健康も基本が大切なんですね。

健康における基本とは心食動休環の5つのポイントになります。

【起立性調節障害】自分にとっての【基本】を知ることから始める

では、あなたは健康の基本はできていますか?

健康の為と思って、取り組んでいる事は正しいですか?

水はたくさん飲みなさい

食事は1日3回食べなさい

牛乳を飲みなさい

塩分は控えた方がいい

などなど、起立性調節障害の方には適さない健康法を必要だと思ってやっていませんか?

上記のような取り組みが必要かどうか?は、まず自分の体質把握をしなければいけません。

ですが、多くの医療機関では、体質把握はできません。西洋医学には本質的な体質を考察する手段が無いんですね。せいぜい、○○はありますか?△△はどうですか?程度の確認となります。これでは本質的な体質把握はできないんです。

なつめ薬局は、『現在の状況はなぜなのか?』を把握するために、

肝・心・脾・肺・腎・胆・小腸・胃・大腸・膀胱などの働きはどうなのか?

その連携はどうなのか?

思考習慣はどのような傾向か?

食習慣はどうか?

運動習慣はどうか?

睡眠の状況は?

周りの環境はどのような状況か?

本質的なポイントはどこか?

その改善に必要な生活習慣のポイントはどこか?

それには何をしたら良いのか?

上記の流れから答えを導き出します。その答えの検証は過去数百年にわたる漢方理論が証明してくれています。

身体の性質は、本来、このような考察を経て、初めて把握できることなのです。情報があふれてる時代のせいか、皆さん、惑わされてしまうわけなんです。

【起立性調節障害】どのような取り組みが必要か?人によって変わります

なつめ薬局に相談に来られた患者さまが、

『「病院(医師や看護師・薬剤師などから)でお水をたくさん飲みなさい」と言われたから水を3リットル飲んでます。』とおっしゃっていました。それは、その患者さんの本質的体質から見ると、病状を悪化させる取り組みでした。現に、それを実践してから患者さまは病状が悪化し学校に全く通えない状態になっていました。

確かに、『起立性調節障害の方は水を多く飲むのが有効だ』という報告はあります。

ですが、この方は脾(消化器系)の力が極端に弱く、そもそも水を受け止める事が困難で、大量の水が体内に入ることにより、その処理にエネルギーを消耗してしまい、臓腑の機能低下を招いていたのです。

西洋医学では、病態・対処法の一般化を行います。一般化された治療法は、たくさんの患者さまを時間の無い中でスムーズに診察・治療を行うのに有効なのですが、その一方で、一般的ではない患者さまにマイナスになる行為です。これは、典型的な例と言えます。

医師に、看護師に、薬剤師に、言われたから・・・

アメブロにこう書いてあったから・・・

サプリメント売ってる人がこう言ってたから・・・

という考え方は危険なんですね。

大切なのは、自分にはどうなのか?を見極める事になります。

【起立性調節障害】の相談をするには?

起立性調節障害を改善するには、まずは、患者さまの本質的体質を把握する事が第一です。それがあって初めて改善案・対策が出てきます。その為に必要なのは、専門家による見立てです。

また、現実的には、心食動休環の取り組みだけでは、改善が遅い為、漢方薬を一緒に服用する必要も出てきます。

この時に使う漢方薬も、起立性調節障害だから○○という漢方薬を使う。というのではなく、本質的体質に応じて柔軟に対応できる、オーダーメイド自社製造の漢方薬が有効なのは当然の事です。

漢方専門なつめ薬局では、今まで数えきれない程の患者様を改善しております。患者さまの都合で途中離脱するケースもありますので100%とは言えませんが、病院治療で改善しなかった難治性の患者さまがメインに訪れる中で胸を張れる治療成績となっております。

なつめ薬局での漢方治療をご希望される方は、下記よりご予約・お問い合わせをお願いします。非常に混雑しておりますので、ご希望の日時が取れない事も多いです。早めのご連絡をお勧めいたします。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

私たちの薬局では、掌蹠膿疱症の漢方相談をたくさん受けていますが、胸・鎖骨のあたりに強い痛みを訴える方が時折いらっしゃいます。これは、掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)と言い、掌蹠膿疱症の合併症の一つです。掌蹠膿疱症は皮膚だけの病気ではありません。身体全体の性質が関係している病気なのです。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

夜間にスマホを使うと妊娠に悪影響?妊活に活用したい子午流注と漢方

現在妊活をしている方も、これから妊娠を考えている方も、夜間のスマホ利用は妊娠を遠ざける可能性があることを知っていますか?妊娠したいなら、夜にスマホを使わないほうがよい理由があります。西洋医学からみても東洋医学からみても、質の良い睡眠をとることは妊娠に向けてとても大切です。

【耳鳴り】放置しておくと、もっと辛い症状が待っていますよ。

軽いのも含めたら、耳鳴りを経験されたことのある方は多いのではないでしょうか。耳鳴りがしている間、他の人の話し声が聞こえにくかったり、耳鳴りが気になって眠れなくなったり、いつまで続くのか不安で気持ちも落ち込みとても辛いですよね。でも漢方薬は耳鳴りにも効果を発揮するんです。

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためにはどのようなことができるのでしょうか。西洋医学では様々な治療もスムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情ですが、漢方では患者さん一人ひとりの体質を見極め赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるようにお母さんのカラダ全体のバランスを整えていくことができます。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

メンタルや感情が病気の原因になる、東洋医学的な理由

「漢方・中医学を学ぶ」第6回目は内因と不内外因です。私たちの感情も生活習慣も病気の原因となることについて学びます。

からだの外側から訪れる、不調や病気の7つの原因

「漢方・中医学を学ぶ」第5回目は外因です。東洋医学で考える病気の原因のひとつで、自然界が身体に悪さをすると病気の原因になることについて学びます。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

コメントは締め切りました