ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活とお酒とカフェインと】

head0043

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^♪

 

【妊活】と、

【アルコール】と、

【カフェイン】と。

 

妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。

皆さんの関心がそれだけ強いんですね(^_^;)

 

妊活中に摂取して良いアルコール・カフェインの量について

このテーマは、世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています。

コペンハーゲン大学からは『飲酒量と出産率』についての研究が出され、

『治療に入る前の飲酒量は、その後の体外受精の出産率に関係しない』

と報告されました。

ハーバード大学からは『ART治療前の女性について、アルコール・カフェイン摂取量と治療成績』についての研究が出され、

 

『アルコール12g(缶ビール1本程度)、カフェイン200mg(コーヒー4杯程度)は治療にマイナスの影響を及ぼさない』

と報告されました。

 

この研究報告を見ると、アルコールもカフェインも、一時的な摂取であれば、あまり神経質になる必要はなさそうです。お酒やコーヒーなどが好きな方には嬉しい報告ですね(^^)

 

妊娠出産に影響する因子

妊娠出産に影響する因子として、現在の体質があります。この体質は、持って生まれた部分と、日々の生活習慣・環境で構築されます。

妊活を意識する年齢になると、持って生まれた部分の影響は限りなくゼロに等しく、日々の生活習慣・環境の影響がとても大きいです。

アルコール・カフェインの摂取が習慣化してしまうと悪い体質を作ります。一時的な摂取の影響は無くても、体質として悪い体質になってしまえば、妊娠・出産は難しくなります。

 

あくまでも、ご褒美・楽しみとして、アルコール・カフェインと付き合ってくださいね!習慣的に飲むのは控えましょう(^^)/

 

札幌の漢方専門なつめ薬局では、妊娠・出産にお悩みの方から多くの支持をいただいております。お悩みの方は下記からご相談くださいね。

【妊活】基礎体温のグラフがガタガタになる!高温期と低温期がない!不妊につながる不安定な基礎体温の原因と改善方法

妊娠しづらい体調のときに現れる「基礎体温がギザギザになる」「高温期がなく、グラフが二相にならない」という基礎体温のグラフの原因や改善方法を知り、身体を妊娠に向けて整えていきましょう。

【耳鳴り】放置しておくと、もっと辛い症状が待っていますよ。

軽いのも含めたら、耳鳴りを経験されたことのある方は多いのではないでしょうか。耳鳴りがしている間、他の人の話し声が聞こえにくかったり、耳鳴りが気になって眠れなくなったり、いつまで続くのか不安で気持ちも落ち込みとても辛いですよね。でも漢方薬は耳鳴りにも効果を発揮するんです。

耳馴染みある五臓六腑という言葉 「六腑」の東洋医学的な意味

「漢方・中医学を学ぶ」第3回目は六腑と奇恒の腑についてです。東洋医学の理論のひとつである蔵象学説における五臓以外のはたらきについて学びます。

睡眠時無呼吸症候群も漢方で改善します

あなたは大丈夫ですか?睡眠時無呼吸症候群。病院の治療だと難しいこともあるので、漢方薬を併用するといい結果が出やすいですよ。

【頭痛と漢方/札幌】つらい頭痛のタイプや原因はなに?どう対処したらよいのでしょう

頭痛はだれもが一度は経験のある症状ではないでしょうか。頭痛には、大きく分けて一次性頭痛と二次性頭痛の2種類があります。いわゆる「頭痛持ち」といわれるのが、一次性頭痛。原因となる病気が見つからず、日常的に頭痛をくり返す慢性頭痛です。頭が痛くなる原因はさまざまです。自分の頭痛のタイプを理解しておくことは、予防や対処に役立ちますよ。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

めまいはクラッとする程度の軽いものならあまり気になりませんが、軽いからと油断して何もしないで放置しておくと症状がひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまい、そのうち仕事も辞めなければいけない状況になるかも知れません。西洋薬のめまいのお薬は対症療法ですが、漢方薬は本質から改善していくことが出来ますよ。

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが、花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱ですよね。花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。花粉症にならないためにも悪化しないためにも必要なことをお話します。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

コメントは締め切りました