ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

head0035
札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^♪

最近は、男性側に原因がある不妊症の記事を書いていますが、反響が大きいです。ありがとうございます。私の記事が少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。

さて、表題ですが、世間一般には、【男性不妊に対しては亜鉛】と思われていますし、実際に摂取している方は多い気がします。

ですが、亜鉛と精液所見の関連を確認できた研究報告はありません。先日知りえた情報によると、海外の研究ですが、「亜鉛摂取量(食事とサプリメント)と精液所見や生殖能力との関連」を調べた結果、有意な改善はなかったそうです。

最近の専門家の見解としては「サプリメントを取るのであれば亜鉛よりも抗酸化物質」というのが一致した見解になります。

以前の記事『【男性不妊】【乏精子症】【精子無力症】の漢方専門 なつめ薬局/札幌』でも書いたように、精子は酸化物質(活性酸素など)の影響を受けやすい特徴がありますので、当然と言えば当然ですね。

ですが、活性酸素(酸化物質)というのは、非常に発生しやすく、しかも大量発生しますので、抗酸化物質の摂取では十分な対策と言えない事も事実です。そこで見直すべきはやはり生活習慣です。

ご自分では問題の無い生活習慣と思っていても、妊活・健康という観点からみると問題の多い生活習慣だった』というのはよくあることですので、私たちの個別アドバイスをしっかり守っていただく事が大切です。

また、生活習慣をしっかり改善していただいても、すぐに結果に結びつくわけではありませんので、より効果的な方法として、漢方薬を服用するという方法もあります。

それも顆粒や錠剤タイプの漢方薬ではなく、オーダーメイド製造の煎じタイプの漢方薬を選択することが大切です。

私たち、【札幌 漢方 なつめ薬局】では、一人ひとりの状況を確認し、漢方的な分析をし、あなたに必要な生活改善を提案し、あなたに必要な漢方薬をオーダーメイドで製造提供しています。

お困りの方は、ご相談くださいね(^^)/

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

なんだかめまいがする、寝る時に動悸がする、気持ちがイライラ・不安になる、気力が無くうつっぽい、寝ようとしても眠れない…このような症状のある皆さんに共通するのは、『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』という点です。漢方では治療方法も確立されていて漢方が得意とする分野でもありますよ!

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

めまいはクラッとする程度の軽いものならあまり気になりませんが、軽いからと油断して何もしないで放置しておくと症状がひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまい、そのうち仕事も辞めなければいけない状況になるかも知れません。西洋薬のめまいのお薬は対症療法ですが、漢方薬は本質から改善していくことが出来ますよ。

年齢とともに痩せにくくなったカラダも 漢方ダイエット でスッキリ健康的に

「 ダイエット をしても若い頃のように 痩せない ……」「 漢方 が ダイエット に効くと聞くけれど、何を選んだらよいのか分からない」このような悩みを持っている40代以上の方も多いのではないでしょうか。更年期にさしかかる40代は、脂肪をためやすく痩せにくいカラダになるといわれています。痩せにくくなったカラダで…

繰り返す下痢・便秘・腹痛は過敏性腸症候群(IBS)かも?そのお悩み、漢方治療で改善

過敏性腸症候群は、腸の炎症や腫瘍がないにも関わらず、下痢や便秘、腹痛、お腹にガスが溜まるなどの便通異常を慢性的に繰り返します。症状が悪化するとトイレが不安で外出が難しいなど生活にも影響が出てきます。原因は主にストレスだといわれていますが明確にはわかっていません。原因は分からなくても漢方では乱れた身体のバランスを整えて症状を改善します。

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

突然理由もなく不安になり呼吸が苦しくなる...いつまた発作が出るのか不安が続いて日常生活を満足に送れない...、このような不安障害やパニック障害は薬や精神療法で治療が進められますが、なかなか症状が改善しないという方には西洋医学とは全く異なるアプローチで治療する漢方がおすすめです。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

夜間にスマホを使うと妊娠に悪影響?妊活に活用したい子午流注と漢方

現在妊活をしている方も、これから妊娠を考えている方も、夜間のスマホ利用は妊娠を遠ざける可能性があることを知っていますか?妊娠したいなら、夜にスマホを使わないほうがよい理由があります。西洋医学からみても東洋医学からみても、質の良い睡眠をとることは妊娠に向けてとても大切です。

【口臭】あなたの知らない口臭の原因とは。

「口が臭いよって指摘されて傷ついた。」「話し相手が口を押さえたのがショックだった。」最近、上記のようなお辛い思いを抱えて来局されている方が増えています。「口臭があることで相手に不快な思いをさせているのではないか。」「臭いが気になるから行動も自分で制限してしまう。」この様に、症状に加えてストレスを感じている方は少なくありません。ストレスが口臭の原因になる。口臭を気にして更にストレスが溜まるという悪循環のループにはまっていくのです。

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

コメントは締め切りました