ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【男性不妊】には【漢方】という方法があります

【男性不妊】には【漢方】という方法があります

head0031

【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】の阿部です。

不妊関係の相談が多い漢方専門なつめ薬局ですが、実は【男性不妊】の相談も多いです。

 

男性不妊ってなんですか?

男性側の問題として多いのが、

・精子の数が少ない【乏精子症】
・精子の運動能力が低い【精子無力症】

です。

この男性不妊で病院を受診すると、病院では治療方法がありませんので、ご主人側のトラブルにも関わらず、奥様側が不妊治療をうけるという摩訶不思議な選択が行われているんですね(^_^;)

そこで、皆さん、漢方専門なつめ薬局にご相談くださると言う事なんです。

 

男性不妊の方々は、診断される前までは自覚がありません。当然ですよね。検査をしてはじめてわかる事ですから・・・

漢方の体質チェックをしても、「別に体調に異常はありません」とおっしゃる方ばかりです。ですが、よくよくお話しを伺うとやっぱりあります。男性不妊の方に共通する特徴が・・・

状況を確認した後は、オーダーメイドの漢方薬を始めてもらう事と生活習慣でいくつかのポイントを改善していただく事だけです。

あとは、その取り組みを続けて4~6ヶ月くらいで検査数値は良くなってきます(期間には個人差があります。早い方も遅い方もいますのでご理解くださいね)。

先週の事ですが、「精子の状態が結果が良かったです」と報告をいただいたばかりです。女性と比べて、真面目に取り組めば結果が出やすいのも男性不妊の特徴と感じています。

お困りの方はご相談くださいね(^_^)/

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

睡眠時無呼吸症候群も漢方で改善します

あなたは大丈夫ですか?睡眠時無呼吸症候群。病院の治療だと難しいこともあるので、漢方薬を併用するといい結果が出やすいですよ。

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

年齢とともに痩せにくくなったカラダも 漢方ダイエット でスッキリ健康的に

「 ダイエット をしても若い頃のように 痩せない ……」「 漢方 が ダイエット に効くと聞くけれど、何を選んだらよいのか分からない」このような悩みを持っている40代以上の方も多いのではないでしょうか。更年期にさしかかる40代は、脂肪をためやすく痩せにくいカラダになるといわれています。痩せにくくなったカラダで…

【ニキビと漢方/札幌】自粛生活で肌への影響が出ていませんか?運動不足とニキビの関係

コロナ禍で日常生活への影響が長期化する中、肌のトラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。在宅勤務が増えたり思うように外出や趣味のスポーツを楽しめなくなったりしている方も少なくないでしょう。大人ニキビはさまざまな要因が組み合わさって発生しますが、運動不足もニキビができる大きな原因のひとつです。今回の記事ではニキビの漢方的な考え方と運動不足の関係についてまとめてあります。

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

メラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?日本において、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、つまりメラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っているという研究があります。メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?をお話ます。

コメントは締め切りました