ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方 札幌 なつめ薬局

札幌の自社製造漢方専門薬局の薬剤師・阿部です。今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのか?悩んだ時の参考にしていただければと思います。

漢方薬はお薬なの?食品なの?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか?困ったり、悩んだりした経験はありませんか?

 

漢方薬は、法律上は医薬品となります。法律上の医薬品とは、病気や症状を改善するチカラがあると認められた物を言います。医薬品では無い物は、基本的に病気や症状を改善するチカラは認められていません。健康食品やサプリメントも医薬品ではありません。一方で、漢方薬は、植物を中心とした原料(生薬といいます)から作りますので、法律区分ではなく、性質区分でいうと、薬というよりも野菜スープ(食品)に近い性質を持っています。

 

法律上は医薬品区分である漢方薬は、医師・薬剤師・登録販売者の国家資格所有者が管理し、保健所の許可を受けた施設・店舗でのみ購入が可能です。主な入手先としては、

1)病院で医師に処方してもらう

2)ドラッグストア等で自分の判断で購入する

3)漢方専門薬局で専門家に相談して購入する

等があげられます。

 

漢方薬の入手先毎の特徴

1)病院で医師に処方してもらう

この方法のメリットとしては、健康保険が適応になり、負担金額が小さくて済む事が挙げられます。一方で、手に入る漢方薬は、顆粒や錠剤タイプの漢方だけです。このタイプの漢方薬は、今風に言えばインスタント製品なので、漢方薬本来の姿である煎じタイプよりも効果がかなり弱いという注意点があります。また、健康保険が適応になるという事は、選択できる漢方薬の種類が少なく、現代の多様な症状に十分な対応が出来ないという側面もあります。

 

2)ドラッグストア等で自分の判断で購入する

ドラッグストアなどに行くと、有名メーカーの漢方薬がズラリと並んでいます。パッケージには症状が書いてあり、症状と照らし合わせて、自分の判断で購入する事が出来ます。漢方薬は、同じ名前の漢方薬でも、製造メーカーによって効果が変わる場合も多いので、いろんなメーカーの、いろんな種類の漢方薬を試せるのが特徴と言えます。一方で、これらの漢方薬は残念ながら、病院同様インスタント漢方です。顆粒タイプや錠剤タイプになりますので、煎じタイプよりも効果はグッと落ちてしまいます。また、使用している原材料(生薬と言います)の量が、病院でもらえる漢方の半分しか使われていない物が多いという注意点もあります。

 

3)漢方専門薬局で相談して購入する

漢方専門薬局とは、原材料(生薬)から漢方薬を自社製造している薬局です。漢方薬本来の姿である煎じタイプを用意してくれます。前述されているインスタント漢方薬である顆粒タイプや錠剤タイプよりも改善力に優れています。驚くことに、漢方薬に関しては、病院よりも薬局の方が、改善力に優れた薬が手に入るという事です。さらに、無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物などの添加物を使用せずに製造されるので、安心して服用治療できるのもメリットです。一方で、手に入れるまで日数がかかったり、煎じる手間がかかったり、他の漢方薬よりも価格が高くなる傾向があります。

 

ザックリまとめると、

・『安さ』であれば病院

・自己判断で色々『試す』ならドラッグストア

・困ってる症状を『改善』するなら漢方専門薬局

となります。

 

漢方薬を選ぶあたって、最も大切で基本的な要素

今まで、すでに漢方薬を服用した経験のある人も多いと思いますが、漢方の効果はありましたか?

例えば、

・医師に相談して漢方薬を処方してもらったけれど、改善しなかった

・同じ症状の友人が漢方薬Aを飲んで改善したと聞き、自分も漢方薬Aを飲んだが改善しなかった。

・ドラッグストアで箱に記載されている効能から漢方薬を試したが、効果がなかった

このような経験をした方も多いのではないでしょうか。これは、漢方薬を選択するときに、最も大切で基本的な要素を見落としている為に起こる現象です。

 

多くの患者さん、及び漢方を用意する医師・薬剤師は、病名や症状、検査結果から漢方薬を選んでいます。ですが、実は、漢方薬を選ぶ際に重要なのは検査の結果や病名・症状では無いのです。

 

それらの情報は、漢方薬を選ぶときに参考にはなりますが、漢方薬を選ぶ基準にはならないのです。なぜなら、それらの情報は西洋医学の分析に必要な情報に過ぎず、東洋医学の薬である漢方薬は、東洋医学の理論によって分析し、選ばなければ効果が無いのです。

東洋医学の理論で分析するには、とにもかくにも患者さんの性質・背景が大切です。

・どのような体質を抱えてるのか?

・食事の習慣は?

・居住・職場の環境は?

・睡眠の状況は?

・運動の習慣は?

・どのような性格か?

などなど、患者さんの背景・性質を知ったうえで、今現在どのような症状がでているのか?という具合に分析をしなければいけません。これを実践するには、患者さんの話しをしっかり聞く必要があります。

 

もし、今まで漢方薬を飲んだけれども効果がなかった人は、漢方を手に入れた時、何を基準にして漢方薬を選んだのかを振り返ってください。ほとんどのケースで、上記のような状況確認をせずに、病名や症状、検査データで選んだのではないでしょうか。

 

漢方薬が効かない、もう一つの理由とは?

また、漢方が効かないもう一つのケースとして、漢方薬の選択は正しいが、有効成分の含有量が足りないというケースです。例えば、当帰芍薬散という有名な漢方薬があります。「病院で不妊治療の薬として顆粒タイプの当帰芍薬散を処方されたが、妊娠にはつながらなかった。しかし、漢方専門薬局で煎じタイプの当帰芍薬散を服用したところ、妊娠できた。」という具合です。

これは上記でも解説しましたが、顆粒・錠剤などの剤形よりも煎じタイプの方が有効成分が濃く、改善効果が強いためと考えられています。このようなケースは臨床的にはよく見られる現象です。「病気・症状の強さ」と「体の健康力の状態」の力関係によって、漢方薬の必要量が変わりますので、顆粒・錠剤タイプで良くなるのであれば、それで良いのですが、顆粒・錠剤タイプで改善しなければ、煎じタイプにステップアップする必要があるわけです

 

あなたが漢方を飲む理由は何ですか?

漢方薬を飲む理由は人それぞれ違います。『具体的な病気・症状は無いけれど、健康維持やエイジングケアとして飲みたいという人』もいれば、『モデルのような美しさを目指す美容目的の人』もいますし、『明らかな病気・症状があり、それを改善する為に飲みたいという人』もいます。

もし、あなたが辛い症状や困った症状を改善するために漢方治療を始めようと思っているのであれば、東洋医学に精通した相談員のいる事、話しをしっかり聞いてくれる事(聞き出してくれる)、漢方薬は煎じタイプを用意してくれる事、この辺りを基準にしてクリニック・薬局を選ぶといいでしょう。

また、漢方の運用に当たっては、顔を合わせ会話をする事で得られる情報も多いですから、通える場所にあったり、ビデオ通話などのリモート相談に対応しているというのも大切な条件になります。

お近くに、煎じタイプの漢方薬を扱っているクリニックや薬局が無ければ、私たち、「 漢方 専門 なつめ薬局 」にご相談ください。私たちは、あなた用の漢方薬を、厳選した生薬から自社製造して提供していますし、ズームやラインを活用したビデオ通話でリモート相談に対応しています。

ご相談は予約制になっており、大変混雑しています。漢方治療を早く始めたい方は、お早めのご連絡をお勧めいたします。ご連絡は、下記リンク先から行えます。

お肌のニキビ・吹出物はあなたの内臓が原因かもしれません

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉を聞いたことはありますか?ニキビに対しては身体の内側からの改善が不可欠なのです。そしてどれだけ生活習慣に気をつけていても、ニキビ・吹出物が治らない方がいます。そんなときは漢方の出番です。

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

睡眠時無呼吸症候群も漢方で改善します

あなたは大丈夫ですか?睡眠時無呼吸症候群。病院の治療だと難しいこともあるので、漢方薬を併用するといい結果が出やすいですよ。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

年齢を重ねるうちに、ツヤやハリがなくなりボリューム不足の髪の毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。…

コメントは締め切りました