ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

head0033

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^♪

 

なんだかめまいがする
寝る時に動悸がする
気持ちがイライラ・不安になる
気力が無く、うつっぽい
寝ようとしても眠れない

 

このような症状に覚えはありませんか??どれか一つだけ出ている方、あるいは、複数出ている方いらっしゃいませんか??

実はこの症状は、最近、【札幌・漢方のなつめ薬局】に相談が増えている症状です。皆さんに共通するのは、

『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』

という点です。この『治療が必要な異常が認められない』という考え方が曲者なんですよね。

病院というのは、基本的に病気を【治療】をする場です。検査をして『治療が必要な異常が認められない』ということは、命に関わる重大緊急の症状ではないので、何もしなくていいですとなります。場合によっては、『異常が無いのにツライツライと不定愁訴を並べて困った患者だ』と思う医師・看護師もいるようですね。

ですが、患者さん本人にとっては、命にかかわらなくても症状はツライし、それが仕事や生活に影響するようなら、緊急に対処しないといけない症状なんですよね。

お仕事できなかったら、生活できなくなりますからね・・・

となると、患者さんは『何とかしなきゃいけない』と言うことで、【漢方のなつめ薬局】に相談にいらっしゃるわけなんです。

これらの症状と言うのは、漢方の考え方では、気血水のバランス失調と考えています。最近、増えただけで、昔から見られる症状たちで、漢方では治療方法も確立されていて、漢方が得意とする分野でもあります。

実際、なつめ薬局のオーダーメイド漢方薬で、ぐっと良くなりますし、繰り返さない体質作りも一緒に出来ますよ(^^)/

お悩みの方はご相談くださいね!!

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが、花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱ですよね。花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。花粉症にならないためにも悪化しないためにも必要なことをお話します。

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

あなたが幾度か流産を経験している、もしくは不育症と言われたことがあるなら…もしかしたら、「とある栄養素」が不足しているのかもしれません。その栄養素を摂る事で免疫が整えられ、着床不全や不育症のリスクが軽減するという研究結果があります。その免疫を正常な動きにしてくれる栄養素とは何なのでしょうか?

【症例報告/不妊】低温期なのに体温が高いあなたが不妊である理由。漢方薬でいう陰虚とは?

赤ちゃんを望んで病院で不妊治療もしているのに授からないのは何故なんだろう…?基礎体温は標準より高いけど病院では他に特に問題はないと言われているし…など、悪いところは特に見当たらないし色々頑張っているのに妊娠できないというその不妊体質、漢方薬だったら改善できる可能性があります!今回は漢方薬でいう【陰虚】が原因の不妊でお悩みだった女性のご相談例を一つご紹介します。

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

なんだかめまいがする、寝る時に動悸がする、気持ちがイライラ・不安になる、気力が無くうつっぽい、寝ようとしても眠れない…このような症状のある皆さんに共通するのは、『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』という点です。漢方では治療方法も確立されていて漢方が得意とする分野でもありますよ!

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

年齢を重ねるうちに、ツヤやハリがなくなりボリューム不足の髪の毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。…

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

「検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い」、などのような様々な更年期障害の不快な症状の治療は漢方薬が一番得意としているところです。体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで更年期障害は本質から改善できますよ。

コメントは締め切りました