ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

head0037

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)/

不妊でお悩みのご相談をお受けしていると、皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。

冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。

冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なります。詳しくは→コチラをご覧ください

今回は、【漢方専門なつめ薬局】のブログを見ていただいている方に向けて、効果的な温めポイントをお伝えします!

温めるのに効果的な場所は、冷えている場所ではない!

皆さん冷えてる場所を温めがちですよね。足が冷たいから靴下を重ねて履くとか、手が冷たいから手袋をつけるだとか、してませんか?気持はわかりますし、一時的にはツライのが緩和しますので、良いとも言えますが・・・それだと、またすぐ冷えてしまうんですよね(>_<)温め効果が持続する場所が実はあるんです(^^)/

  1. 首と手首と足首・・・これらの部位は太めの血管がある場所なんです。ですので、これらの部位を温めると全身をめぐっている血液を大量に温めることが出来ますので、温め効果が長持ちします。
  2. 太もも・二の腕・おしり・・・これらの部位は大きな筋肉がある場所になります。筋肉は血管が多くなっています。血管が多いところ多量の血液ありということで、これも温め効果が長持ちします。
  3. お腹・腰まわり・・・ここは何となく実践している方も多いと思いますが、これらの部位も腸や子宮など重要な臓器があり血液量が豊富ですので、温め効果が長持ちします。

 

以上が、どなたにでも応用できるポカポカポイントになります。冷えを感じてる部分だけ温めるのではなくて、一緒に上記の部位を温めると効果長持ちです(^^)/

ポカポカポイントの弱点

自分で書いておいてなんですが・・・上に書いたポカポカポイントには弱点があります(^_^;)スミマセン・・・

それは、あくまで対処療法に過ぎないという事です。冷えてるから温めたに過ぎず、冷え性の根本的な解決にはならないんです(^_^;)

根本的な解決方法の一つに漢方薬という方法がありますので、頑固な冷えや、冷えを伴う不妊の方はご相談くださいね!

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

からだの外側から訪れる、不調や病気の7つの原因

「漢方・中医学を学ぶ」第5回目は外因です。東洋医学で考える病気の原因のひとつで、自然界が身体に悪さをすると病気の原因になることについて学びます。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

ニキビはストレスが原因?治らない肌荒れでお悩みの方は漢方で体質改善しよう

不規則な生活やストレスが原因の「大人ニキビ」に悩んでいる20代〜30代の方は少なくありません。なかなか治らないのも厄介です。ですが漢方は、身体の内側から働きかけ体質の改善をしていくので、ニキビができにくい肌へ変わっていきます。

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

コメントは締め切りました