ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

head0037

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)/

不妊でお悩みのご相談をお受けしていると、皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。

冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。

冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なります。詳しくは→コチラをご覧ください

今回は、【漢方専門なつめ薬局】のブログを見ていただいている方に向けて、効果的な温めポイントをお伝えします!

温めるのに効果的な場所は、冷えている場所ではない!

皆さん冷えてる場所を温めがちですよね。足が冷たいから靴下を重ねて履くとか、手が冷たいから手袋をつけるだとか、してませんか?気持はわかりますし、一時的にはツライのが緩和しますので、良いとも言えますが・・・それだと、またすぐ冷えてしまうんですよね(>_<)温め効果が持続する場所が実はあるんです(^^)/

  1. 首と手首と足首・・・これらの部位は太めの血管がある場所なんです。ですので、これらの部位を温めると全身をめぐっている血液を大量に温めることが出来ますので、温め効果が長持ちします。
  2. 太もも・二の腕・おしり・・・これらの部位は大きな筋肉がある場所になります。筋肉は血管が多くなっています。血管が多いところ多量の血液ありということで、これも温め効果が長持ちします。
  3. お腹・腰まわり・・・ここは何となく実践している方も多いと思いますが、これらの部位も腸や子宮など重要な臓器があり血液量が豊富ですので、温め効果が長持ちします。

 

以上が、どなたにでも応用できるポカポカポイントになります。冷えを感じてる部分だけ温めるのではなくて、一緒に上記の部位を温めると効果長持ちです(^^)/

ポカポカポイントの弱点

自分で書いておいてなんですが・・・上に書いたポカポカポイントには弱点があります(^_^;)スミマセン・・・

それは、あくまで対処療法に過ぎないという事です。冷えてるから温めたに過ぎず、冷え性の根本的な解決にはならないんです(^_^;)

根本的な解決方法の一つに漢方薬という方法がありますので、頑固な冷えや、冷えを伴う不妊の方はご相談くださいね!

PMS(生理前症候群)の改善方法

PMSは生理前症候群とも呼ばれていて、生理が始まる3~10日ほど前から起こる、からだやココロの不快な症状のことです。PMSは、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。PMSの改善には薬による治療とそうでない治療のふたつの方法が考えられますが、PMSから本当に解放され気にせず過ごしたいのであれば、対処療法ではなく薬に頼らない根本からの治療が必要です。

【頭痛と漢方/札幌】つらい頭痛のタイプや原因はなに?どう対処したらよいのでしょう

頭痛はだれもが一度は経験のある症状ではないでしょうか。頭痛には、大きく分けて一次性頭痛と二次性頭痛の2種類があります。いわゆる「頭痛持ち」といわれるのが、一次性頭痛。原因となる病気が見つからず、日常的に頭痛をくり返す慢性頭痛です。頭が痛くなる原因はさまざまです。自分の頭痛のタイプを理解しておくことは、予防や対処に役立ちますよ。

不妊症・不育症・流産に関わる「ある物」の存在。

私たちが不妊症・不育症・流産の相談を受けるとき、身体の様子を様々うかがっていきますが、そんな中でも特に重要視している「ある物」があります。不妊症・不育症・流産の方は、その「ある物」にトラブルがあります。この「ある物」は、検査はできるのですが、現在の検査技術ではトラブルを見つけられないことが多いです。この「ある物」の状態に応じて、札幌・漢方専門なつめ薬局では、あなた用の漢方薬をオーダーメイドで製造して、お渡しします。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

子宮内膜症だけど妊娠したい!漢方による治療が効果的な理由とは?

子宮内膜症は妊娠可能な年齢の10人に1人が発症するともいわれています。子宮内膜症になったら妊娠できないの?治療法はあるの?と気になっている方へ、漢方による効果的な治療法についてご紹介します。正しい知識を得て、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

コメントは締め切りました