ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【糖尿病の薬は太る】という事実

【糖尿病の薬は太る】という事実

head0036

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^)

皆さんの会社の健康診断はいつでしょうか?健診の結果はいかがでしたか??

私もそれなりに年齢を重ねて、結果が気になるようになってきました(^_^;)

 

【糖尿病】にも【漢方】が使えます

さて、健康診断後に増える漢方相談のひとつに糖尿病があります。その名の通り、「尿の中に糖が漏れている病気」です。

はい。そうなんです。漢方薬は糖尿病にも使うことできるんですよ!!知らない方が多いので、周りの方に教えてあげてくださいね!

糖尿病の方たちは、基本的に病院治療を受けている方がほとんどです。その病院の薬というのは血糖値をぐぐっと下げてくれるのですが、下げた分を脂肪として蓄える(太る/肥満化)という性質を持っています。太ると糖尿病は悪化しますので、より多くの薬が必要になり、いずれ薬が効かなくなり、いずれインスリン注射になり、と悪循環に陥ります(>_<)

 ・

 ・

 ・

こんな話し、医師も薬剤師も看護師もしてくれないんじゃないかな~(^_^;)

ちょっとショックですよね。治療の為に薬を飲んでるつもりなのに、その薬が肥満化を促し糖尿病を悪化させるなんて・・・

でもですね、糖尿病は命に関わる病気です。そのリスクを減らす為に、病院では薬を出さざるを得ないんです。

もし、あなたが病院で糖尿病の薬をもらっているなら、それは今のあなたに必要なものです。ですが、これから先の未来も、薬に頼ってしまうと、上記の悪循環に陥ります。

この悪循環を断つのが漢方薬の役目です。もちろん、食事と運動も欠かせない要素です。病院の治療とともに、漢方薬を服用することで、病院の薬を減らすことができるんです。

別ページにも糖尿病について書いてますので、それは→<コチラからお願いします>

 

漢方は他にも、

§  【血圧が高い】
§  【肝臓の数値が高い】
§  【腎臓の働きが悪い】
§  【貧血】
§  【メタボ】

などにも使う事が出来ます!!

健康診断の結果が気になった場合には、ご相談くださいね(^^)/

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

1生理周期で【妊娠する確率】を知っていますか?

人間は、他の哺乳動物と比べると【妊娠率】が低いと言われていますが、具体的にどのくらいなのかご存知ですか?健康で何の問題も無いカップルでも、お子さんを希望してタイミングを合わせるようにしてから1周期あたりで考えてみると驚きの確率なんです。

出産報告を続々といただいております(^^)

札幌のなつめ薬局に漢方不妊相談にいらっしゃる方は、基本的には不妊症の方で、病院治療で結果の出なかった方々が多いです。つまり妊娠確率の相当低い方々ばかりが集まっているんです。そんな中の出産ラッシュ!本当にうれしいです!!

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

「卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?」この手のお問い合わせは実は多いです。この答えですが・・・これだけでは答えにくいです。ですが、「漢方は服用した方がいいです!」もちろんちゃんと理由があります。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

私たちの薬局では、掌蹠膿疱症の漢方相談をたくさん受けていますが、胸・鎖骨のあたりに強い痛みを訴える方が時折いらっしゃいます。これは、掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)と言い、掌蹠膿疱症の合併症の一つです。掌蹠膿疱症は皮膚だけの病気ではありません。身体全体の性質が関係している病気なのです。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

コメントは締め切りました