ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【糖尿病の薬は太る】という事実

【糖尿病の薬は太る】という事実

head0036

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^)

皆さんの会社の健康診断はいつでしょうか?健診の結果はいかがでしたか??

私もそれなりに年齢を重ねて、結果が気になるようになってきました(^_^;)

 

【糖尿病】にも【漢方】が使えます

さて、健康診断後に増える漢方相談のひとつに糖尿病があります。その名の通り、「尿の中に糖が漏れている病気」です。

はい。そうなんです。漢方薬は糖尿病にも使うことできるんですよ!!知らない方が多いので、周りの方に教えてあげてくださいね!

糖尿病の方たちは、基本的に病院治療を受けている方がほとんどです。その病院の薬というのは血糖値をぐぐっと下げてくれるのですが、下げた分を脂肪として蓄える(太る/肥満化)という性質を持っています。太ると糖尿病は悪化しますので、より多くの薬が必要になり、いずれ薬が効かなくなり、いずれインスリン注射になり、と悪循環に陥ります(>_<)

 ・

 ・

 ・

こんな話し、医師も薬剤師も看護師もしてくれないんじゃないかな~(^_^;)

ちょっとショックですよね。治療の為に薬を飲んでるつもりなのに、その薬が肥満化を促し糖尿病を悪化させるなんて・・・

でもですね、糖尿病は命に関わる病気です。そのリスクを減らす為に、病院では薬を出さざるを得ないんです。

もし、あなたが病院で糖尿病の薬をもらっているなら、それは今のあなたに必要なものです。ですが、これから先の未来も、薬に頼ってしまうと、上記の悪循環に陥ります。

この悪循環を断つのが漢方薬の役目です。もちろん、食事と運動も欠かせない要素です。病院の治療とともに、漢方薬を服用することで、病院の薬を減らすことができるんです。

別ページにも糖尿病について書いてますので、それは→<コチラからお願いします>

 

漢方は他にも、

§  【血圧が高い】
§  【肝臓の数値が高い】
§  【腎臓の働きが悪い】
§  【貧血】
§  【メタボ】

などにも使う事が出来ます!!

健康診断の結果が気になった場合には、ご相談くださいね(^^)/

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

【地中海食で妊娠率が上がる】という情報を聞いたことはありますか?これは海外での調査結果を基にした根拠のある情報なのですが、「おしゃれで、おいしそうな料理やワインがメインの華やかな料理を食べると妊娠しやすくなる!」と、少し勘違いしてる方もいるようなので、すごく簡単にですが説明しようと思います。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

コメントは締め切りました