ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【糖尿病の薬は太る】という事実

【糖尿病の薬は太る】という事実

head0036

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^)

皆さんの会社の健康診断はいつでしょうか?健診の結果はいかがでしたか??

私もそれなりに年齢を重ねて、結果が気になるようになってきました(^_^;)

 

【糖尿病】にも【漢方】が使えます

さて、健康診断後に増える漢方相談のひとつに糖尿病があります。その名の通り、「尿の中に糖が漏れている病気」です。

はい。そうなんです。漢方薬は糖尿病にも使うことできるんですよ!!知らない方が多いので、周りの方に教えてあげてくださいね!

糖尿病の方たちは、基本的に病院治療を受けている方がほとんどです。その病院の薬というのは血糖値をぐぐっと下げてくれるのですが、下げた分を脂肪として蓄える(太る/肥満化)という性質を持っています。太ると糖尿病は悪化しますので、より多くの薬が必要になり、いずれ薬が効かなくなり、いずれインスリン注射になり、と悪循環に陥ります(>_<)

 ・

 ・

 ・

こんな話し、医師も薬剤師も看護師もしてくれないんじゃないかな~(^_^;)

ちょっとショックですよね。治療の為に薬を飲んでるつもりなのに、その薬が肥満化を促し糖尿病を悪化させるなんて・・・

でもですね、糖尿病は命に関わる病気です。そのリスクを減らす為に、病院では薬を出さざるを得ないんです。

もし、あなたが病院で糖尿病の薬をもらっているなら、それは今のあなたに必要なものです。ですが、これから先の未来も、薬に頼ってしまうと、上記の悪循環に陥ります。

この悪循環を断つのが漢方薬の役目です。もちろん、食事と運動も欠かせない要素です。病院の治療とともに、漢方薬を服用することで、病院の薬を減らすことができるんです。

別ページにも糖尿病について書いてますので、それは→<コチラからお願いします>

 

漢方は他にも、

§  【血圧が高い】
§  【肝臓の数値が高い】
§  【腎臓の働きが悪い】
§  【貧血】
§  【メタボ】

などにも使う事が出来ます!!

健康診断の結果が気になった場合には、ご相談くださいね(^^)/

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

子どものチック症は治るの?チック治療と“漢方薬”の関係

子どものチック症は西洋薬で症状の軽減を図る治療が主流ですが、それだけでは対応できないこともあります。病院では西洋薬に漢方をあわせる治療が増え、症状が良くなるケースも多く、漢方が効くと期待されています。ここでは子どものチック症に対する漢方の有効性についてご紹介します。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症とたばこや電子タバコとの関係とは!?

掌蹠膿疱症の原因は、扁桃腺炎や虫歯、歯周囲炎などの感染病巣と密接に関連していることが知られていますが、多くの場合、原因は不明と言われています。ただ、掌蹠膿疱症を悪化させる要因として【たばこ】【アイコス】等の喫煙習慣が挙げられています。掌蹠膿疱症の患者の85%以上が喫煙者であり特にヘビースモーカーが多いことや、発症リスクの上がることなどがわかっています。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

コメントは締め切りました