ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

head0058

札幌の漢方専門なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて

深いと感じることが多いです。

口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がって

しまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり

不安を感じやすくなってしまいます。

 

心と口臭は関係している!

 

心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら

毎日ひしひしと感じています。

 

では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。

ちょっと知りたくありませんか?

 

 

【口臭】口臭の原因は胃熱!?

 

口臭を東洋医学的に見てみましょう。

ストレスとの関係をお話してきたので、そこをピックアップして

お伝えしますね。

 

東洋医学で考える五臓は、西洋医学の臓器の名称と必ずしも

一致するわけではありませんが・・

 

東洋医学でいうところの肝・心・脾・肺・腎の五臓のうち

ストレスと関りが深いのが「肝」です。

 

昔から「疳の虫」とか「癇癪もち」などと言いますが

それらは東洋医学の「肝」と関係してきます。

肝は感情の影響を受けやすいところと言われていて

 

ストレスを感じる→気が滞る(気分が優れない)→イライラ

の様な図式ができてしまいます。

 

他の五臓にも影響が及び、肝の不調が「脾」にまで伝わってしまいます。

脾は人の体を構成する気・血・水を生み出す所で、とても大切な所です。

ここが不調になるっていうことは、色々な所に様々な影響が出てきてしまう

ってことが想像できますよね。

 

更に脾が弱ると「胃」にもその影響があらわれてくるのです。

胃がきちんと働かないと熱を持つ「胃熱」という状態になります。

この胃熱が東洋医学でいう口臭の原因の1つと考えられます。

胃熱が口まで届き口渇を生じて、口臭が出てくるのです。

 

ざっくりと簡単に口臭と五臓の関係を書きましたが分かりましたか?

 

漢方薬はストレスで口臭へ及ぼす影響を減らすことができます。

 

胃熱が発生しないように対応することができますので

口臭を改善していくことも得意なんです。

 

ご相談の時にはこの様に東洋医学的なこと

食生活や生活習慣の見直しなどのお話も交えてお伝えしていきます。

 

口臭を治したい方。

漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬でしっかり治したい方は

電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。

【妊活と漢方/札幌】卵子や精子の質を守る!気をつけたい野菜の食べ方4ポイント

妊娠を希望している方は、卵子や精子が若々しい状態を保っているか気になりますよね。最近の研究では、卵子や精子の機能の低下に活性酸素がかかわっていることが証明されています。活性酸素を減らすために自分でできることはあるのでしょうか?ここでは、活性酸素を取りのぞく成分が多く含まれる野菜を、より効果的に食べる方法をご紹介します。

耳馴染みある五臓六腑という言葉 「六腑」の東洋医学的な意味

「漢方・中医学を学ぶ」第3回目は六腑と奇恒の腑についてです。東洋医学の理論のひとつである蔵象学説における五臓以外のはたらきについて学びます。

【にきびと漢方/札幌】基本を振り返るニキビを改善する方法

一つでもポツンとできるとたちまち憂鬱な気持ちになってしまうニキビ。気になるあまりについつい潰してしまったりしていませんか?それではニキビ跡ができてしまう上に、その跡がなかなか消えなかったり陥没したような跡を残したり色素沈着してしまうお肌になる恐れがあります。ニキビと言えば、オイリー肌の思春期に悩まされるイメージがありますが、20代、30代の乾燥が気になってくる年齢には大人ニキビができます。そこで、今日はニキビの基本のお話です。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

30代後半・40代からの【不妊治療】

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて、「年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?」とおっしゃいます。いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。でも、何とかなります!が、、あることが必要です。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

漢方薬は花粉症の治療もできます。

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。東洋医学で花粉症は「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」と考えます。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方、漢方を試してみませんか?

不妊症・不育症・流産に関わる「ある物」の存在。

私たちが不妊症・不育症・流産の相談を受けるとき、身体の様子を様々うかがっていきますが、そんな中でも特に重要視している「ある物」があります。不妊症・不育症・流産の方は、その「ある物」にトラブルがあります。この「ある物」は、検査はできるのですが、現在の検査技術ではトラブルを見つけられないことが多いです。この「ある物」の状態に応じて、札幌・漢方専門なつめ薬局では、あなた用の漢方薬をオーダーメイドで製造して、お渡しします。

コメントは締め切りました