ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

head0058

札幌の漢方専門なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて

深いと感じることが多いです。

口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がって

しまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり

不安を感じやすくなってしまいます。

 

心と口臭は関係している!

 

心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら

毎日ひしひしと感じています。

 

では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。

ちょっと知りたくありませんか?

 

 

【口臭】口臭の原因は胃熱!?

 

口臭を東洋医学的に見てみましょう。

ストレスとの関係をお話してきたので、そこをピックアップして

お伝えしますね。

 

東洋医学で考える五臓は、西洋医学の臓器の名称と必ずしも

一致するわけではありませんが・・

 

東洋医学でいうところの肝・心・脾・肺・腎の五臓のうち

ストレスと関りが深いのが「肝」です。

 

昔から「疳の虫」とか「癇癪もち」などと言いますが

それらは東洋医学の「肝」と関係してきます。

肝は感情の影響を受けやすいところと言われていて

 

ストレスを感じる→気が滞る(気分が優れない)→イライラ

の様な図式ができてしまいます。

 

他の五臓にも影響が及び、肝の不調が「脾」にまで伝わってしまいます。

脾は人の体を構成する気・血・水を生み出す所で、とても大切な所です。

ここが不調になるっていうことは、色々な所に様々な影響が出てきてしまう

ってことが想像できますよね。

 

更に脾が弱ると「胃」にもその影響があらわれてくるのです。

胃がきちんと働かないと熱を持つ「胃熱」という状態になります。

この胃熱が東洋医学でいう口臭の原因の1つと考えられます。

胃熱が口まで届き口渇を生じて、口臭が出てくるのです。

 

ざっくりと簡単に口臭と五臓の関係を書きましたが分かりましたか?

 

漢方薬はストレスで口臭へ及ぼす影響を減らすことができます。

 

胃熱が発生しないように対応することができますので

口臭を改善していくことも得意なんです。

 

ご相談の時にはこの様に東洋医学的なこと

食生活や生活習慣の見直しなどのお話も交えてお伝えしていきます。

 

口臭を治したい方。

漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬でしっかり治したい方は

電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。

【アトピー】と【熱】と【漢方】と。

日常生活に大きな悪影響を及ぼすアトピー性皮膚炎に悩まされている方…最近、増えています。現在、かゆみで眠れない・集中出来ない・じゅくじゅくした浸出液がつらい・落屑があって人目が気になる・ステロイド剤をやめたい、そんなお悩みを抱えている方、なつめ薬局の本格的な漢方薬で悪さをしている「熱」を追い出してみませんか?

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

【症例報告/不妊】低温期なのに体温が高いあなたが不妊である理由。漢方薬でいう陰虚とは?

赤ちゃんを望んで病院で不妊治療もしているのに授からないのは何故なんだろう…?基礎体温は標準より高いけど病院では他に特に問題はないと言われているし…など、悪いところは特に見当たらないし色々頑張っているのに妊娠できないというその不妊体質、漢方薬だったら改善できる可能性があります!今回は漢方薬でいう【陰虚】が原因の不妊でお悩みだった女性のご相談例を一つご紹介します。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

東洋医学で考える、健康と病気とは?

「漢方を知ろう!」シリーズの第7回目は、病機についてです。漢方で病気が発生する過程のことを病機といいます。病機から、健康や未病、病気の捉え方の西洋医学との違いを知ると漢方についての理解がグッと深まります。

耳馴染みある五臓六腑という言葉 「六腑」の東洋医学的な意味

「漢方・中医学を学ぶ」第3回目は六腑と奇恒の腑についてです。東洋医学の理論のひとつである蔵象学説における五臓以外のはたらきについて学びます。
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

コメントは締め切りました