ホーム / アーカイブ /

お肌の悩みを解決するブログ

お肌の悩みを解決するブログ / 13記事あります

高級化粧品は「マスク老け」撃退に効果あり?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
新型コロナウイルスの影響で新しいライフスタイルが推奨されて早2年。外出時のマスクの着用もすっかりスタンダードになっています。そんなマスク生活で気になるのが“マスクによる老化”。「マスク老け」という言葉も生まれ、美容雑誌などではマスク老け対策の企画をよく見かけるようになりました。即効性を求めて基礎化粧品に気を配り、つい外側からのフェイスケアばかりに目がいってしまうかもしれません。しかし、果たして外側だけのケアで美肌は作れるものでしょうか?

冷えと乾燥は女性の天敵!漢方で考える「温活」で冬を健やかに

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
今年も残すところあとわずか。寒さも本格化し、これから長い冬が続きます。12月は「師走」という言葉の通り、仕事でもプライベートでも忙しい日々が続きます。日常生活に追われて、何となく気になっていた不調を引きずってしまっている方も多いのではないでしょうか。病院に行くほどではないからといって不調をそのままにしておくと、次に訪れる春に気力がでないことはもちろん、大きな病気にもつながります。そこで今回は、冬に起こりやすいトラブルと、免疫アップにもつながる漢方流お手軽「温活」をご紹介します。

年齢による 大人 肌 の悩みは 漢方 でカラダの中から整えよう

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
札幌 の 漢方 専門 なつめ薬局 、薬剤師 の阿部です。 認めたくないけれど30代になってから肌の衰えを感じてきた…という方も多いのではないでしょうか。シミや毛穴の開きだけでなく化粧ノリが悪いなど、大 […]

【ニキビと漢方/札幌】自粛生活で肌への影響が出ていませんか?運動不足とニキビの関係

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
札幌の漢方専門薬局の阿部祐哉です。 コロナ禍で日常生活への影響が長期化する中、肌のトラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。 在宅勤務が増えたり、思うように外出や趣味のスポーツを楽しめなく […]
nankou

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
札幌の漢方専門なつめ薬局の漢方薬生薬認定薬剤師:阿部祐哉です。 かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は5 […]

【にきびと漢方/札幌】基本を振り返るニキビを改善する方法

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
一つでもポツンとできるとたちまち憂鬱な気持ちになってしまうニキビ。気になるあまりについつい潰してしまったりしていませんか?それではニキビ跡ができてしまう上に、その跡がなかなか消えなかったり陥没したような跡を残したり色素沈着してしまうお肌になる恐れがあります。ニキビと言えば、オイリー肌の思春期に悩まされるイメージがありますが、20代、30代の乾燥が気になってくる年齢には大人ニキビができます。そこで、今日はニキビの基本のお話です。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
私たちの薬局では、掌蹠膿疱症の漢方相談をたくさん受けていますが、胸・鎖骨のあたりに強い痛みを訴える方が時折いらっしゃいます。これは、掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)と言い、掌蹠膿疱症の合併症の一つです。掌蹠膿疱症は皮膚だけの病気ではありません。身体全体の性質が関係している病気なのです。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症とたばこや電子タバコとの関係とは!?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
掌蹠膿疱症の原因は、扁桃腺炎や虫歯、歯周囲炎などの感染病巣と密接に関連していることが知られていますが、多くの場合、原因は不明と言われています。ただ、掌蹠膿疱症を悪化させる要因として【たばこ】【アイコス】等の喫煙習慣が挙げられています。掌蹠膿疱症の患者の85%以上が喫煙者であり特にヘビースモーカーが多いことや、発症リスクの上がることなどがわかっています。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!