ホーム / アーカイブ /

なつめさんの為になる漢方ブログ

なつめさんの為になる漢方ブログ / 148記事あります

東洋医学の大切な治療方針である弁証論治と治療原則

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
「漢方を知ろう!」シリーズの第8回目は、治療原則についてです。弁証論治という漢方の治療方針である重要な理論を学びます。

子どものチック症は治るの?チック治療と“漢方薬”の関係

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
子どものチック症は西洋薬で症状の軽減を図る治療が主流ですが、それだけでは対応できないこともあります。病院では西洋薬に漢方をあわせる治療が増え、症状が良くなるケースも多く、漢方が効くと期待されています。ここでは子どものチック症に対する漢方の有効性についてご紹介します。

パニック障害に漢方薬は使える?漢方的解釈とともに解説

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
パニック障害は適切な治療を続けることで治る心の病気ですが、治療期間が長引いたり、薬が合わなかったりしてお困りの方がいらっしゃると思います。一般的な治療薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬だけでなく、漢方もパニック障害の治療に効果があることが分かっています。

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

血圧が不妊の原因?!妊活と血圧の関係とは

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
妊活や不妊治療に励んでいるにもかかわらず、特定の原因がわからないまま妊娠に至らず悩んでいる方もいるかと思います。今回紹介するのは、高血圧でない正常範囲内の血圧でも高めの値は妊娠率に影響するという研究報告です。高血圧と判断できない場合は医療機関で薬を処方してもらうなどはできませんが、漢方で体質改善することで対応できます。

東洋医学で考える、健康と病気とは?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
「漢方を知ろう!」シリーズの第7回目は、病機についてです。漢方で病気が発生する過程のことを病機といいます。病機から、健康や未病、病気の捉え方の西洋医学との違いを知ると漢方についての理解がグッと深まります。

子宮内膜症だけど妊娠したい!漢方による治療が効果的な理由とは?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
子宮内膜症は妊娠可能な年齢の10人に1人が発症するともいわれています。子宮内膜症になったら妊娠できないの?治療法はあるの?と気になっている方へ、漢方による効果的な治療法についてご紹介します。正しい知識を得て、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

くりかえす皮むけ「落屑(らくせつ)」、なかなか治らないアトピー性皮膚炎に漢方は効く?

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
秋から冬にかけて乾燥が強くなると、皮膚がパラパラと剥け落ちる落屑がより気になってくるというアトピー性皮膚炎の方も多いと思います。漢方は乱れた体内のバランスを整えて体質を改善するので、繰り返す落屑でなかなか治らない皮膚の根本的な回復に繋がります。

メンタルや感情が病気の原因になる、東洋医学的な理由

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
「漢方・中医学を学ぶ」第6回目は内因と不内外因です。私たちの感情も生活習慣も病気の原因となることについて学びます。

夜間にスマホを使うと妊娠に悪影響?妊活に活用したい子午流注と漢方

by 漢方専門なつめ薬局
この投稿のコメントは受け付けていません。
現在妊活をしている方も、これから妊娠を考えている方も、夜間のスマホ利用は妊娠を遠ざける可能性があることを知っていますか?妊娠したいなら、夜にスマホを使わないほうがよい理由があります。西洋医学からみても東洋医学からみても、質の良い睡眠をとることは妊娠に向けてとても大切です。