【アトピー性皮膚炎】を改善する漢方専門 なつめ薬局/札幌

【アトピー性皮膚炎】を改善する漢方専門 なつめ薬局/札幌

アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因??

アトピー性皮膚炎の症状については、もう皆さんが体感しているとおりです。

  • ジュクジュクと汁っぽくて、狂いそうになるくらいのかゆみ
  • ガサガサして傷だらけ血だらけになっても掻いてしまうかゆみ

本当につらいですよね。もちろん、これ以外にもたくさんのツライ症状があります。

アトピー性皮膚炎の原因は、西洋医学(病院)的にはアレルギーと言われています。

ダニや食べ物がアレルゲン(アレルギーの原因物質のこと)となり、このアレルゲンに対して、免疫グロブリンE(IgE)抗体が作られて、アレルギー性の炎症を起こす。

という考え方です。

治療の中心はステロイド軟膏で免疫抑制剤の軟膏や抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を使うこともあります。ですが、いずれも対処療法ですので、アトピー体質は治りません。しかもアトピー体質は徐々に悪化し、今まで効いていた薬が効かなくなります。

この西洋医学(病院)的な考え方では、アトピー性皮膚炎は残念ながら治りません。なぜなら、根本的に大切な事を見落としているからです。

  • 「根本的で大切な事」
  • 「漢方理論分析でアトピー性皮膚炎の方に共通する問題点」

以上の2点にしっかり向き合い改善することが必要です。

 2つの原因を改善する方法

  • 「根本的で大切な事」を改善するために必要なこと。それは覚悟です。

素直に耳を傾け、自分の状態を見直し、取り組むこと。これが出来るか出来ないかは、今後のアトピー性皮膚炎を左右する重大事です。変わるための覚悟を持ってください。

  • 「漢方理論分析でアトピー性皮膚炎の方に共通する問題点」を改善するために必要なこと。それは漢方薬です。それもただの漢方薬ではなく、あなたの状態に合わせて、あなたの為に漢方専門 なつめ薬局が自社製造する漢方薬が必要です。

あなたが今まで試してきた、顆粒・細粒・錠剤・シロップ状の漢方薬ではありません。煎じて飲むタイプの漢方薬です。この煎じて飲むタイプこそ、漢方薬本来の姿であり、強い改善効果を持っているのです。顆粒・細粒・錠剤・シロップ状の漢方は、加工の過程で有効成分が失活し、本来の力を発揮できていないのです。

患者さまの声

札幌の漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬を服用した患者さまの声になります。

< Y.T様 初回相談時24歳 女性 >

小学生くらいからアトピーでした。初めは病院に通って、ステロイドとか、保湿剤を使っていたのですが、全く良くならず、病院以外の方法を探しました。乳酸菌とか、温泉とか、いろいろやりましたけど、やっぱりダメでした。漢方薬も病院で試したことがありますが、効果は実感できませんでした。それでも、何とかしたいと思い、漢方専門のなつめ薬局さんに相談しました。なつめ薬局さんは、入った瞬間に今までの漢方とは違う事がわかりました。漢方の香りがすごくするんです。もう飲んだ気分になるくらい強い香りがしました。相談の後、用意してくれたのは煎じの漢方薬です。相談に行った頃は、特に足の症状が強かったのですが、飲みはじめて2週間くらいで効果を実感しました。足の裏のジュクジュクしたのが、スッカリ良くなりました。シミになっているのは時間がかかると覚悟してますが、足裏が速やかに改善したのは本当に助かりました。歩くのすら辛かったですからね。今も漢方は続けていて、色素沈着も薄くなってきていますし、これからも続けていきたいと思います。

*個人の感想です

banner_contact

banner_kanren001

banner_tokutyo001

Copyright© 2018 【アトピー性皮膚炎】を改善する漢方専門 なつめ薬局/札幌. All rights reserved.