【坐骨神経痛】【ヘルニア】【狭窄症】の漢方専門 なつめ薬局/札幌

【坐骨神経痛】【ヘルニア】【狭窄症】の漢方専門 なつめ薬局/札幌

あなたがもし【坐骨神経痛】や【ヘルニア】【狭窄症】で、痛み止めの飲み薬、ブロック注射、手術、温熱療法などの対処療法でごまかしているのなら、将来、歩けなくなる恐れがあります。

坐骨神経痛とは??

坐骨神経痛ってよく聞きますよね?

どういうものかご存じですか??

坐骨神経痛とは、

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が何らかの原因で圧迫・刺激を受けて痛みやしびれを発症している状態です。

西洋医学的な原因は

・腰椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

が主な原因になります。

上記2つのいずれであっても、背骨の腰の辺りに起きる異常によって下半身に痛みやしびれを発症します。

多くの場合は、中高年の方に症状が現れます。

症状の出方としては、

お尻に痛みやしびれが現れる

→足が激しく痛くなって少し歩くと歩けなくなる

→身体を動かすと足の痛みが強くなる

→じっとしていてもお尻や足の痛みが辛くて眠れない

痛みやしびれ以外にも、

張りや冷感・灼熱感・締めつけ感が現れることもあります。

 

多くの場合は痛みやしびれを和らげる治療が行われます。お薬(内服・ブロック注射)や手術が中心ですね。他にも温熱療法とかもありますが・・・

ですが・・・

実は結構大変です。

お薬は副作用が強いので、長期に使用を続けると体が壊れてしまいます。

手術も大変で、

手術に伴うリスクは当然ありますし、手術自体がうまくいっても、痛み・しびれが取れない、違和感が出てきた、こんなはずじゃなかったのに・・・という事もあります(手術後に医師に言っても、手術自体は問題なく終わってますと取り合ってもらえない事が多いです)。

病院のお薬や手術以外で有効な手段を挙げるなら、

断然、漢方薬が有効です。

 

実は、

はるか昔から、痛みに対して漢方薬は使われてきました。

そんな昔の物が今でも使われている現実が確かな効果を証明しています。

 

漢方における坐骨神経痛(腰部脊柱管狭窄症・腰部椎間板ヘルニア)は、

西洋医学的な分析とはやや違うところがあります。

それは客観的に考えれば誰でもがわかることですが、

いざ当事者になると気づきにくい部分です

 

その気づきにくい部分を浮き彫りにし、

しっかり向き合い、

漢方薬で治療を進めると、

坐骨神経痛は驚くほど良くなります。

 

使用する漢方薬は、

あなたの状態によって変わりますので、詳しい状態確認の上で、

漢方専門 なつめ薬局で自社製造し提供しますので、

まずは、私たちにご相談いただくことが最初の行動です。

 

相談者様の声

< K.T様 男性 初回相談時46歳 >

お尻の辺りから太ももにかけて痛みとしびれがありました。ずっと以前から症状はあったのですが、40歳を過ぎたころから悪化してました。仕事が忙しいのもあって、病院は辛い時だけ行く状況でした。44歳の時に手術を受けたのですが、思ったように良くならず、いろいろ調べて漢方にたどり着きました。漢方を始めてから痛みとしびれはほとんど気になりません。長時間歩いたりするとありますけど、日常的には気にならずに過ごせています。担当の阿部さんは最初は若く見えて頼りなかったのですが、意外といい歳で驚きました。自分でも漢方を飲んでるらしいので、今度は若々しさの漢方も頼もうと思ってます。

*個人の感想です

banner_contact

banner_kanren001

banner_tokutyo001

Copyright© 2018 【坐骨神経痛】【ヘルニア】【狭窄症】の漢方専門 なつめ薬局/札幌. All rights reserved.