ホーム /

【不妊】【不育】【流産】を改善する漢方専門 なつめ薬局/札幌

病院治療で結果が出ない方が頼りにするのが札幌の漢方専門なつめ薬局です。

札幌・漢方のなつめ薬局に不妊・不育で漢方相談にいらっしゃる方は、

「病院で治療をしているが結果がでないので漢方相談に来た」という方がほとんどです。

そして、お話しを詳しくうかがうと、

生活習慣をただし、病院治療も頑張って、それでも結果が出ない。そんな憤りを感じている方、

お身内の方や周囲の方からの言葉に傷つき、気力を失っている方、

妊婦さんや赤ちゃん連れのご家族に優しくなれなくなるほど、余裕が無くなっている方、

ホルモン剤の使用、人工授精・体外受精により卵巣や子宮などにダメージを受けている方、

などなど・・・

精神的なダメージと、卵巣・子宮に肉体的ダメージを追っている方ばかりです。

病院の不妊治療は、それほどツライもの。

それだけツライ思いをしても、結果が出るのは一握りの方だけです。

しかも、費用も、一度の治療で数十万円の負担がかかります。

お気持ちも、肉体も、お財布もダメージが大きいのが現実です。

 

不妊・不育でお悩みの方に共通する問題点

不妊症・不育症の方を漢方理論で分析をすると、

皆さんにある共通する問題点があります。

その問題点を解決するだけで妊娠・出産はスムーズに進みます。

そもそも人間は妊娠・出産する生き物です。身体に妊娠・出産の能力が元々あるのですから、そんなに難しい事ではないのです。

ただ基本的な事を見落とし、小手先の手法を用いて、自ら難しい問題にしているにすぎません。

ちょっとした工夫とコツで、

妊娠・出産までスムーズにいきます。

また、

【漢方専門 なつめ薬局/札幌】の経験上、感じている事として、

病院の不妊治療をしているAさん、

不妊症だけど病院治療をしていないBさん、

この2人が漢方治療を始めた場合、

Bさんの方が結果が早く現れると感じています。

これは、病院治療を繰り返すことで、精神的・肉体的ダメージが大きく影響を及ぼしていると考えています。

ホルモン剤で排卵を誘発したとします。それは、毎日精一杯生きている細胞にムチを打ち、強制的に無理をさせているのです。

体外受精にしても、身体の準備が整わないうちに受精卵を体内に戻しても、成長しなくて当然です。野菜などの作物ですら準備のできていない畑では育たないのですから・・・人間の赤ちゃんならなおさらです。

 

不妊でお悩みの方は、妊娠することがゴールと考えている方が居ますが、それは誤りです

妊娠中も不育症の恐れもありますし、

出産後の赤ちゃんに異常がないか、

お母さんに抜け毛・肌荒れ、老化が現れていないか、

ここまでは少なくともケアすべきです。

特にお母さんの出産後のケアを怠ると、

一気に老けてしまったり、

抜け毛が止まらなかったり、

二人目不妊になってしまう事もあります。

ここまでの取り組みも漢方薬でする事が出来ます。

 

妊娠・出産を目指すベストメソッド

1、生理のトラブルや不妊症かも知れないと少しでも感じているなら、その時点で漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬をスタートする。

2、漢方薬で体質改善を進めながら、病院で検査を受け、器質的な異常(卵管が閉塞している等)がないか確認をする。

3、器質的な異常があれば、漢方薬を使用しながら治療を受ける。

4、メンタルコントロール(気持ちをあせらせず)をしつつ漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬で体質改善に取り組む

5、ナチュラルに赤ちゃんを授かることが出来る

6、妊娠中の赤ちゃんの正常な発育を見守る

7、お母さんの体調管理をする

8、安産であっても、漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬で出産後の母体ケアをおこなう(老化防止、二人目不妊防止)

9、赤ちゃんにもアトピーなど肌トラブルなどが多いので、経母乳投与*などで経過を観察していく。

*詳しい説明はここでは省略させていただきます

このメソッドで多くの方が子宝に恵まれています。

もちろん、漢方薬よりも先に病院の不妊治療を受けていても漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬の効果はしっかり現れます。

ちなみに、漢方薬の服用はご夫婦でお飲みになるのがベストですが、奥様だけの服用でも十分効果があります。

漢方薬は粉タイプではなく、煎じタイプの物が良いです。

効き目がいいというのが一番の理由ですが、

粉タイプや錠剤タイプ、シロップタイプの漢方薬には添加物が入っていますので、

お子様を授かりたい時には避けるべきと考えます。

 

不妊は生活習慣がもたらす症状の一つです。生活習慣の改善はもちろん必要です。ですが、不妊症・不育症は生活習慣の改善だけでは成果が現れないのも事実です。そこで活躍するのが漢方薬です。漢方薬は人間が持っている能力を自然に引き出してくれます。生活習慣の改善だけでは結果が出ない時でも、漢方薬を使う事によって成果を導けるのが特徴です。

不妊・不育でお悩みなら、病院の治療だけでは足りません。病院から出される漢方では足りません。煎じタイプの漢方が必要です。煎じタイプの漢方薬を、薬草から自社製造している薬局にご相談ください。

お近くに、そのような薬局が無い場合には、私たち、『漢方専門 なつめ薬局/札幌』で、遠隔漢方相談を行っていますので、ご相談ください。なお、漢方相談は完全予約制です。大変混み合っていますので、早めのご予約をお勧めいたします。

ご相談者様の声

< T.K 様(初回相談時40歳) >

漢方専門なつめ薬局さんの漢方を飲み始めて、ほどなく体の冷えと便秘が改善されて、夜も深く眠ることができるようになり、半年を過ぎた頃に、赤ちゃんを授かることができました。高齢なので、ちゃんと育ってくれるか、早産にならないか、出産は大丈夫かなど、いろいろ心配もありましたが、トラブルもなく、予定日の3日前に、無事に3050gの元気な赤ちゃんを出産しました。担当の阿部さんには、親切に相談にのっていただき、妊娠中も、とても心強かったです。産後の経過も順調で、一人目の時より抜け毛も少なかったり、体調もよいので、きっと漢方を飲んでいるおかげだと思っています。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

*個人の感想です

 

関連する記事:【不妊】を乗り越えるただ一つの方法

関連する記事:【不妊治療】を頑張っても成果が出ない理由とは

関連する記事:【男性不妊】【乏精子症】【精子無力症】を改善する方法

関連する記事:【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

 

 

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

【妊活と漢方/札幌】卵子や精子の質を守る!気をつけたい野菜の食べ方4ポイント

妊娠を希望している方は、卵子や精子が若々しい状態を保っているか気になりますよね。最近の研究では、卵子や精子の機能の低下に活性酸素がかかわっていることが証明されています。活性酸素を減らすために自分でできることはあるのでしょうか?ここでは、活性酸素を取りのぞく成分が多く含まれる野菜を、より効果的に食べる方法をご紹介します。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

【男性不妊】と【睡眠時間】は関係があるのか?

男性の睡眠時間と妊娠力の関係を調べた調査があります!調査の内容は、「男性側の平均睡眠時間が○時間で、パートナー女性が妊娠したか、しないか」で評価しています。調査結果は・・・?

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

最近ではライフスタイルの変化などにより 不妊 に悩む方はますます増えています。不妊の原因は男女双方で考えられますが、その中のひとつに…

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

一番妊娠しやすいタイミングは【排卵日】。というのは間違いです。

「排卵日」が妊娠できない日、というわけではありませんが、もっとよいタイミングがありますよ。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。