ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

head0064

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたは【環境ホルモン】という言葉を聞いたことはありますか?

 

【内分泌かく乱物質】と呼ばれ「動物の生体内に取り込まれた場合に、本来その生体内で営まれている正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質」と定義されていますが…

 その中の一つ、ビスフェノールA(BPA)に曝される量が多くなるほど精子数や性ホルモンレベルが低くなる事がわかっています。

BPAはポリカーボネートやエポキシ樹脂と呼ばれるプラスチックの原料となっています。例えば

食器や容器

缶詰や飲料缶のコーティング

汁椀や箸の塗装

など私たちの身近で多く使用される物にも含まれています。

 

アメリカのハーバード大の研究では、大豆食品がこの環境ホルモンであるビスフェノールA(BPA)の不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。

体外受精に臨む女性の尿を調べたところ

大豆食品をあまり食べない女性 → 尿中のBPA濃度が高くなるほど出産率が低下した

大豆食品をよく食べる女性 → 尿中のBPA濃度が高くなっても出産率は低下しなかった

つまり、環境ホルモンBPAに曝される量が多くなっても、大豆食品を多く摂取する女性はその影響を受けにくいのです。

かといって、大豆製品ばかりをたくさん取ればよいのかというとそうではありません。

  1. 毎日豆乳を400mL飲んだ女性
  2. 豆乳を飲まなかった女性

 

上記A・Bを比較した日本の研究ではAの豆乳を飲んだ女性の方がエストラジオール(E2)の数値が低下したという別の研究結果も出ているのです。

 

エストラジオール(E2)は女性ホルモンであるエストロゲンの中で最も強い卵胞ホルモン作用をもち、卵巣機能の調節や卵胞発育、子宮内膜増殖に関わっています。

この、本来卵巣から分泌されるべき女性ホルモンが少なくなり、結果月経周期が長くなってしまったのです。

 

つまり、大豆食品は、環境ホルモンの影響から私たちを守ってくれる。しかし、極端に摂取するのはかえって悪影響を及ぼす。

何事も適量が大切である、ということですね。

 

 

現在の我が国ではきちんと規制されているので、私達がBPAに曝される量は減っています。が、0になったわけではもちろんありません。

BPAがヒトの尿中から検出され、それが出産率の低下につながっているという研究結果が示されている以上、例え曝される量が以前より少なくなったとはいえ、なつめ薬局ではその影響を軽視できないと考えております。

 

不妊に悩んでいる方は、まずバランス良く色々な種類の食品を摂って様々な栄養素を身体に取り入れてあげてください。偏った栄養素では偏った身体しかできません。

そのうえで、適度に大豆食品を摂り入れて、環境ホルモンの影響から身を守っていってください。

 

大豆食品もしっかり摂っているんだけど…食事も気をつけているんだけど中々赤ちゃんを授からないとお悩みの方。

あなたの身体にはもうひと押しが必要です。そのひと押しには体質を改善できる力を持っている漢方薬が最適です。

妊娠・出産に備えた身体を作り早く元気な赤ちゃんを授かるんだと決意された方は、漢方専門 なつめ薬局へご連絡ください。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があるようならお早めにどうぞ。

【下痢と漢方/札幌】下痢を治すのに漢方が適切である理由

どなたでも必ず経験がある下痢ですが、実は毎日のように頻繁になる方がいます。下痢は、身近な症状ではあるのですが、身近ゆえに本人の辛さとは裏腹に、重篤な症状としては受け止められず、周りの人たちに理解されず困っている人が実に多いです。下痢・軟便で悩んでいる人は、なぜ下痢・軟便・腹痛が起きるのか?を考えなければいけません。下痢・軟便に対して、本質的に原因にアプローチできるのが漢方の強みです。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病は不治の病なのか?治る為に必要な本当の治療とは?

糖尿病は治らない、一度なると一生付き合う病気と今までの通説ではいわれてきました。しかし、イギリスで行われている研究では完治する可能性が報告されました。早めの取り組みが糖尿病の改善に有効ですよ。

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

起立性調節障害は周りの理解が得られにくい病気です。また、ご本人も症状を明確化しづらく伝える事自体がストレスになります。ですので、身体的症状以上に周囲との関係に苦しむ病気なのです。起立性調節障害を本質的に改善するには日数がかかりますので、この心理的ダメージのケアが必ず必要になります。

【不眠と漢方/札幌】リモートワークで増えている不眠を解消しよう!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で一般的になりつつあるリモートワークですが、続けているうちに体に不調を感じたという方もいるのではないでしょうか。リモートワークが原因で睡眠障害に悩まされている人も少なくありません。その原因と漢方での不眠についてのお話です。

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

漢方薬は花粉症の治療もできます。

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。東洋医学で花粉症は「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」と考えます。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方、漢方を試してみませんか?

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」など、こころの不調はSOSのサインです。気づいたときは早めに相談したり対処したりすることが大切です。心療内科やメンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている、そんな方は1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門の薬局に相談してみませんか?

コメントは締め切りました