ホーム /

【不妊】【不育】【流産】を改善する漢方専門 なつめ薬局/札幌

病院治療で結果が出ない方が頼りにするのが札幌の漢方専門なつめ薬局です。

札幌・漢方のなつめ薬局に不妊・不育で漢方相談にいらっしゃる方は、

「病院で治療をしているが結果がでないので漢方相談に来た」という方がほとんどです。

そして、お話しを詳しくうかがうと、

生活習慣をただし、病院治療も頑張って、それでも結果が出ない。そんな憤りを感じている方、

お身内の方や周囲の方からの言葉に傷つき、気力を失っている方、

妊婦さんや赤ちゃん連れのご家族に優しくなれなくなるほど、余裕が無くなっている方、

ホルモン剤の使用、人工授精・体外受精により卵巣や子宮などにダメージを受けている方、

などなど・・・

精神的なダメージと、卵巣・子宮に肉体的ダメージを追っている方ばかりです。

病院の不妊治療は、それほどツライもの。

それだけツライ思いをしても、結果が出るのは一握りの方だけです。

しかも、費用も、一度の治療で数十万円の負担がかかります。

お気持ちも、肉体も、お財布もダメージが大きいのが現実です。

 

不妊・不育でお悩みの方に共通する問題点

不妊症・不育症の方を漢方理論で分析をすると、

皆さんにある共通する問題点があります。

その問題点を解決するだけで妊娠・出産はスムーズに進みます。

そもそも人間は妊娠・出産する生き物です。身体に妊娠・出産の能力が元々あるのですから、そんなに難しい事ではないのです。

ただ基本的な事を見落とし、小手先の手法を用いて、自ら難しい問題にしているにすぎません。

ちょっとした工夫とコツで、

妊娠・出産までスムーズにいきます。

また、

【漢方専門 なつめ薬局/札幌】の経験上、感じている事として、

病院の不妊治療をしているAさん、

不妊症だけど病院治療をしていないBさん、

この2人が漢方治療を始めた場合、

Bさんの方が結果が早く現れると感じています。

これは、病院治療を繰り返すことで、精神的・肉体的ダメージが大きく影響を及ぼしていると考えています。

ホルモン剤で排卵を誘発したとします。それは、毎日精一杯生きている細胞にムチを打ち、強制的に無理をさせているのです。

体外受精にしても、身体の準備が整わないうちに受精卵を体内に戻しても、成長しなくて当然です。野菜などの作物ですら準備のできていない畑では育たないのですから・・・人間の赤ちゃんならなおさらです。

 

不妊でお悩みの方は、妊娠することがゴールと考えている方が居ますが、それは誤りです

妊娠中も不育症の恐れもありますし、

出産後の赤ちゃんに異常がないか、

お母さんに抜け毛・肌荒れ、老化が現れていないか、

ここまでは少なくともケアすべきです。

特にお母さんの出産後のケアを怠ると、

一気に老けてしまったり、

抜け毛が止まらなかったり、

二人目不妊になってしまう事もあります。

ここまでの取り組みも漢方薬でする事が出来ます。

 

妊娠・出産を目指すベストメソッド

1、生理のトラブルや不妊症かも知れないと少しでも感じているなら、その時点で漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬をスタートする。

2、漢方薬で体質改善を進めながら、病院で検査を受け、器質的な異常(卵管が閉塞している等)がないか確認をする。

3、器質的な異常があれば、漢方薬を使用しながら治療を受ける。

4、メンタルコントロール(気持ちをあせらせず)をしつつ漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬で体質改善に取り組む

5、ナチュラルに赤ちゃんを授かることが出来る

6、妊娠中の赤ちゃんの正常な発育を見守る

7、お母さんの体調管理をする

8、安産であっても、漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬で出産後の母体ケアをおこなう(老化防止、二人目不妊防止)

9、赤ちゃんにもアトピーなど肌トラブルなどが多いので、経母乳投与*などで経過を観察していく。

*詳しい説明はここでは省略させていただきます

このメソッドで多くの方が子宝に恵まれています。

もちろん、漢方薬よりも先に病院の不妊治療を受けていても漢方専門 なつめ薬局の自社製造漢方薬の効果はしっかり現れます。

ちなみに、漢方薬の服用はご夫婦でお飲みになるのがベストですが、奥様だけの服用でも十分効果があります。

漢方薬は粉タイプではなく、煎じタイプの物が良いです。

効き目がいいというのが一番の理由ですが、

粉タイプや錠剤タイプ、シロップタイプの漢方薬には添加物が入っていますので、

お子様を授かりたい時には避けるべきと考えます。

 

不妊は生活習慣がもたらす症状の一つです。生活習慣の改善はもちろん必要です。ですが、不妊症・不育症は生活習慣の改善だけでは成果が現れないのも事実です。そこで活躍するのが漢方薬です。漢方薬は人間が持っている能力を自然に引き出してくれます。生活習慣の改善だけでは結果が出ない時でも、漢方薬を使う事によって成果を導けるのが特徴です。

不妊・不育でお悩みなら、病院の治療だけでは足りません。病院から出される漢方では足りません。煎じタイプの漢方が必要です。煎じタイプの漢方薬を、薬草から自社製造している薬局にご相談ください。

お近くに、そのような薬局が無い場合には、私たち、『漢方専門 なつめ薬局/札幌』で、遠隔漢方相談を行っていますので、ご相談ください。なお、漢方相談は完全予約制です。大変混み合っていますので、早めのご予約をお勧めいたします。

ご相談者様の声

< T.K 様(初回相談時40歳) >

漢方専門なつめ薬局さんの漢方を飲み始めて、ほどなく体の冷えと便秘が改善されて、夜も深く眠ることができるようになり、半年を過ぎた頃に、赤ちゃんを授かることができました。高齢なので、ちゃんと育ってくれるか、早産にならないか、出産は大丈夫かなど、いろいろ心配もありましたが、トラブルもなく、予定日の3日前に、無事に3050gの元気な赤ちゃんを出産しました。担当の阿部さんには、親切に相談にのっていただき、妊娠中も、とても心強かったです。産後の経過も順調で、一人目の時より抜け毛も少なかったり、体調もよいので、きっと漢方を飲んでいるおかげだと思っています。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

*個人の感想です

 

関連する記事:【不妊】を乗り越えるただ一つの方法

関連する記事:【不妊治療】を頑張っても成果が出ない理由とは

関連する記事:【男性不妊】【乏精子症】【精子無力症】を改善する方法

関連する記事:【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

 

 

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

【妊活と漢方/札幌】卵子や精子の質を守る!気をつけたい野菜の食べ方4ポイント

妊娠を希望している方は、卵子や精子が若々しい状態を保っているか気になりますよね。最近の研究では、卵子や精子の機能の低下に活性酸素がかかわっていることが証明されています。活性酸素を減らすために自分でできることはあるのでしょうか?ここでは、活性酸素を取りのぞく成分が多く含まれる野菜を、より効果的に食べる方法をご紹介します。

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

あなたが赤ちゃんを望んでいるのであれば、きっと【葉酸】という名前を聞いたとこがあると思います。現在厚生労働省は妊娠を計画している女性に対して1日0.4mg以上の摂取を勧めています。今回はこの【葉酸】と【環境ホルモン】と【不妊】についてのお話です。

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【妊娠・漢方相談/札幌】妊活・不妊治療の前に妊娠確率を上げる方法

病院で本格的な不妊治療の前に、また、不妊治療をしている方でも、妊娠の確率を上げるためにできることがあります。この記事では、「妊娠しやすいからだの状態とはどのような状態なのか?」「日常生活でできるからだを整える方法」「不妊治療と並行して漢方の使用をおすすめする理由」などについてお伝えします!

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。